Record China

ヘッドライン:

日本は70歳まで雇用継続へ=中国でも関心「高齢化社会は恐ろしい」「中国もすぐそうなる」「生きて行く限り働き続けるのも悪くない」

配信日時:2018年10月24日(水) 7時40分
拡大
23日、安倍首相がこのほど、議長を務める未来投資会議で、高齢者が希望すればこれまでより長く働けるよう、企業の継続雇用年齢を65歳から70歳に引き上げる方針を表明したとする報道が、中国でも関心を集めている。写真は東京。

2018年10月23日、安倍首相がこのほど、議長を務める未来投資会議で、高齢者が希望すればこれまでより長く働けるよう、企業の継続雇用年齢を65歳から70歳に引き上げる方針を表明したとする報道が、中国でも関心を集めている。

中国メディアの海外網は23日、読売新聞の報道を引用し、その目的について「働く高齢者を増やすことで、人手不足を解消するとともに年金制度などの安定を図ること」とし、日本政府は関連法改正案を2020年の通常国会に提出する方針であることを伝えた。

記事は「日本の定年年齢は60歳だが、原則として65歳にならないと年金を受け取れない。日本の高年齢者雇用安定法は、定年を迎えた人が希望すれば65歳まで雇用されることを保証している。日本企業の約8割が継続雇用制度を導入している。日本の内閣府の調査によると、65~69歳の65%が働くことを希望しているが、就業率は44%に過ぎない」と伝えた。

その上で、「これについて、日本のネット上はざわついている」とし、「70歳まで雇用継続って、長すぎだ!。一般的な70歳はもう余生を楽しく過ごさせたらよいのでは?。それよりも若者重視の政策をしてほしい!。高齢者も大切だけど、なんか違うような気がする」「65歳以上も仕事をするのは賛成だが、屋外や肉体労働、深夜作業等は言葉で言うほど現実的ではない」などの声が上がっていることを紹介した。

この話題について、中国のネットユーザーからは「高齢化社会はこのように恐ろしい」「人手不足はすべての国の共通課題」「中国もすぐにそうなる」「これで人手不足は解消できるのか?」「もっと移民を開放すべき」などの声が上がっていた。

一方で「人生100年時代に向けて、『生きて行く限り働き続ける』のも悪くないと思う」とする声もあった。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本式老後生活、「定年後も働く」は悲しい人生?―中国メディア

ぎりぎりの生活をしている中産階級の人々にとって、都市で肉体労働をしている高齢者は、将来の自分の姿となる可能性もある。この高齢化の波を避けて通ることができる人はほとんどいないだろう。 では、定年は一体何を意味しているのだろう?写真は日本の高齢者。

人民網日本語版
2018年7月27日 6時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング