Record China

ヘッドライン:

台湾脱線事故、中国メディアが「日本製」強調、背景に高速鉄道争い―台湾メディア

配信日時:2018年10月23日(火) 11時20分
拡大
2018年10月22日、台湾・中央通訊社は、台湾・宜蘭県で発生した列車事故について中国本土メディアが「日本製車両」であることを故意に強調していると指摘し、その背景について報じた。

記事は、「21日の列車事故発生後、一部の中国本土ネットユーザーが真っ先に哀悼を示した一方で、一部の本土メディアは意図的に列車が日本製であることを強調した」と指摘。「一部の本土ネットユーザーも『媚日』の表現とともに、本土製の鉄道が海外で日本の市場を奪いつつあることをアピールする文章をネット上に掲載した」と伝えている。

その上で、これまでの日本と中国による高速鉄道の覇権争いの経緯について紹介。「ドイツと日本からの技術移転から急速に発展した中国の高速鉄道は世界を席巻する勢いで輸出を始めたが、実際の行動はアジア市場中心になっており、早い段階で高速鉄道技術を成熟させていた日本と市場シェア争いを繰り広げている」とした。

そして、「両者の争いにおける最初のピークは2015年に発生し、9月に中国がインドネシアのジャカルタ―バンドン高速鉄道を受注すれば、12月には日本がインドの高速鉄道建設を受注した」と紹介。「その後、タイでも受注争いを繰り広げ、現在の「戦場」はマレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道で、日中両国とも精鋭を送り込んで受注獲得を目指している」と伝えた。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

台湾鉄道の列車脱線事故、過去2年余りで7件目―台湾メディア

台湾北東部の宜蘭県で21日午後、台湾鉄道の特急列車「普悠瑪(プユマ)6432号」が走行中に脱線して横転する事故が起きた。台湾・自由時報(電子版)は、「台湾鉄道では近年、脱線事故が頻発しており、今回の事故はこの2年余りで7件目だ」と伝えている。

Record china
2018年10月22日 11時20分
続きを読む

台湾脱線、結婚式帰りの親族17人中8人が犠牲―香港メディア

台湾東部の宜蘭県で21日午後に起きた特急列車の脱線事故は、200人以上の死傷者を出す大惨事となったが、香港メディアの東網によると、犠牲者の中には、台北市での結婚式から台東県に帰る途中の親族17人のうち8人も含まれるという。写真は事故現場。

Record china
2018年10月23日 9時50分
続きを読む

台湾鉄道で過去37年最悪の事故=死傷者170人超、「直前に異常音」「車内に火花」の乗客証言も

台湾で21日に発生した列車の脱線転覆事故(写真)で、同日午後11時45分(日本時間)ごろまでに18人の死亡と168人の負傷が確認された。台湾では1981年発生の30人死亡・130人負傷の事故以来の鉄道の大惨事。事故発生の直前に異音や火花発生の証言もある。

Record china
2018年10月22日 8時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング