日本の観光地で外国人観光客のマナー違反、警察が指導強化=中国人観光客「保護意識持ってほしい」―華字紙

配信日時:2018年10月24日(水) 10時10分
日本の観光地で外国人がマナー違反、中国人観光客も注意促す
画像ID  1035320
22日、華字紙・日本新華僑報は、「観光立国を掲げる日本にとって、観光客のマナー違反対策が新たな課題となった」と報じた。写真は京都。
2018年10月22日、華字紙・日本新華僑報は、「観光立国を掲げる日本にとって、観光客のマナー違反対策が新たな課題となった」と報じた。中国人観光客からも注意を促す声が出ているという。

日本では先日、広島市の平和記念公園でベンチなどに落書きが見つかり、この件でブルガリア人2人が警察から事情を聞かれるという問題が起きた。また、今年5月には「京都・嵐山の竹林に外国語の落書き」との報道が注目を浴びており、記事はこれらの詳細を伝えた上で「京都市職員や右京区警察署、ボランティアから成るグループが13日、竹林で外国人観光客にチラシを配り、『落書きは犯罪です』と呼び掛けた。現在、竹林は多くの場所に立ち入りや落書きを禁じる看板が設置されている」などと伝えた。

記事によると、取材に応じたある中国人観光客は「最近、中国でも観光客が(長い年月をかけて形成された)丹霞地形を破壊するという事件が起きた。多くの観光地は一度傷付けられるともとには戻らない」とコメント。「観光客には美しい景色を楽しむと同時に、保護意識も持ってもらいたい」と話し、「海外旅行に行くどの人も国を代表する存在」と旅先での行動に注意を促した。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事