Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>日本の「国有化」、中国は意図的に無視か―香港紙

配信日時:2012年10月16日(火) 8時8分
拡大
14日、尖閣諸島をめぐる日中対立問題について、米戦略国際問題研究所のブラッド・グロッサーマン研究員は「中国は日本の『国有化』の意図を読み違えたのではなく、外交戦略上、意図的に無視した可能性がある」と指摘した。写真は愛国ステッカーが貼られた車。
(1/7枚)

2012年10月14日、香港・文匯報はこのほど、尖閣諸島の領有権をめぐる日中対立問題について、米戦略国際問題研究所のブラッド・グロッサーマン研究員の分析記事を掲載し、「中国は日本の『国有化』の意図を読み違えたのではなく、将来的な外交戦略上、意図的に無視した可能性がある」と指摘した。シンガポール・聯合早報(電子版)が伝えた。

その他の写真

東京都の石原慎太郎知事が表明した尖閣諸島の購入計画、日本による国有化、中国での反日デモ拡大など一連の日中対立深刻化について、同記事はすべて中国の策略によるものと分析。中国は日本政府の弱腰ぶりを認識しており、尖閣問題の外交利用を模索していたと指摘。強行的な態度で日本を受けに回らせ、自らを被害者の立場に置くことで、日本やその同盟国に不満を持つ国々との関係強化を図ったとしている。

さらに同記事は、関係悪化の原因が何であれ、最終的には深刻な結果を招く可能性があると予測。中国が日本の国有化を「意図的に無視した」のだとしても、中国のこれ以上の台頭を避けるためにも日本が引くことは絶対にないと指摘。中国が日本の国有化の意図を「読み切れなかった」としても、日本政府による緊張緩和の努力は徒労に終わると予測。最終的な問題解決の糸口は、中国が日本への猜疑心を取り払い、日中関係改善を最優先に2国間関係を全面的に刷新することだとしている。(翻訳・編集/AA)

関連記事

<尖閣問題>反日デモに関する意見を探っていたら、いきなり検索不能に―中国版ツイッター

18日、柳条湖事件勃発にちなんで、大規模な反日デモが行われると目されていた中国。日を追って拡大するデモだが、一般の意見はこれに賛同しているのか?“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトで声を拾った。写真は16日、浙江省杭州市で行われた反日デモ。

Record China
2012年9月18日 21時11分
続きを読む

<在日中国人のブログ>反日デモ繰り返す中国人に知ってほしい、「日本人はそれでも僕たちに親切」

14日、尖閣諸島の国有化に反発し、中国各地で反日デモが行われるなか、日本で学ぶ中国人留学生が自身のブログで「日本人はだからといって中国人に嫌がらせをするようなことはしない」と論じた。写真は13日、北京の日本大使館前で行われた反日デモ。

Record China
2012年9月17日 12時25分
続きを読む

<中華ボイス>反日デモ参加者の約3割、釣魚島の場所すら知らず―中国政府関係者

反日デモも落ち着きをみせ、過激な破壊行為を行った者たちが相次ぎ逮捕されている。ある都市は破壊行為を行った47人を逮捕したのだが、取り調べで内12人の人は尖閣諸島がどこにあるのかさえわからなかったという。写真は反日デモにおける中国各地での破壊行為。

Record China
2012年9月27日 8時12分
続きを読む

ランキング