Record China

ヘッドライン:

チョウ・ユンファ「演じた中で最も好きな役」に意外な答え、初のライブ配信でネットユーザーと交流―中国

配信日時:2018年10月22日(月) 19時50分
拡大
21日、俳優チョウ・ユンファが中国版ツイッターで初めてライブ配信を行い、公開中の映画「無双」や、これまで演じた中で最も好きな役について語った。
(1/4枚)

2018年10月21日、俳優チョウ・ユンファ(周潤發)が中国版ツイッターで初めてライブ配信を行い、公開中の映画「無双」や、これまで演じた中で最も好きな役について語った。新浪が伝えた。

その他の写真

俳優アーロン・クォック(郭富城)とダブル主演のクライムアクション映画「無双」はこのほど、中国で興行収入11億元(約178億円)を突破。10月の大型連休を狙って公開された作品の中で、10億元(約162億円)超えを実現した唯一の映画となり、“映画王”と称えられるチョウ・ユンファの実力を見せつけている。

21日、中国版ツイッターを通じてライブ配信に初めて挑戦。かつてドラマ「上海灘」で共演したのをきっかけに大の親友になり、「無双」にも出演している俳優リウ・カイチー(廖啓智)と一緒にネットユーザーの質問に答えた。

63歳ながらスマートなボディのチョウ・ユンファだが、体型をキープしているのは、趣味のマラソンの効果が大きいという。今でもリウ・カイチーと誘い合って、少なくとも週1回は一緒に走ると明かしている。

「無双」のヒットを受けて、早くもパート2制作の話題が浮上している。「もし実現したら、もちろん出演したい」とやる気を見せたチョウ・ユンファだが、リウ・カイチーは「無双」の中ですでに死んでいるため出演不可能に。このため、「パート2は前日譚(ぜんじつたん)のスピンオフで」と親友に気遣いを見せ、笑いを誘う一幕もあった。

香港映画からハリウッド映画まで、数々の役柄を演じてきたチョウ・ユンファだが、代表作として誰もが連想するのは、ジョン・ウー(呉宇森)監督の映画「男たちの挽歌(ばんか)」で演じたマフィアのマーク役。しかし、「これまで演じた中で最も好きな役」を聞かれたチョウ・ユンファが答えたのは、意外にもマークではなく、1987年のラブロマンス映画「誰かがあなたを愛してる」で演じた青年役だった。「マークは人を殺し過ぎ!」と駄目出しをしたチョウ・ユンファだが、アクションよりも文芸作品やコメディを好むことを明かしている。(翻訳・編集/Mathilda

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング