【募集中】韓国語社内スタッフ

事故を起こした車両は日本製TEMU2000型=台湾鉄道で脱線転覆、130人超が死傷

配信日時:2018年10月22日(月) 6時30分
事故を起こした車両は日本製=台湾鉄道で脱線転覆、130人超死傷
画像ID  1035096
台湾で21日に発生し、日本時間同日午後9時ごろまでに137人の死傷が確認された列車の脱線転覆(写真)で、事故を起こした車両は日本製だった。
台湾で21日午後に発生し、日本時間同日午後9時ごろまでに137人の死傷が確認された列車の脱線転覆で、事故を起こした車両は日本製だった。

列車は8両編成で、台湾メディアの中央通訊社によると車両すべてが脱線した。うち3両は「ひどく転覆した状態」という。5号車、7号車、8号車は車両の破壊が著しく「W字」状態になった。

事故を起こしたのは列車名称は普悠瑪(プユマ)列車(プユマ号)。プユマとは台湾東部に住む先住民族の名だ。プユマ列車が投入されたのは2013年2月。8両編成で、現在は19編成が運行しているという。

プユマ号に使われている列車の型式はTEMU200。同列車を開発・製造したのは日本車両(本社・名古屋市)。同社によると、自社開発の空気ばねを利用した高性能な車体傾斜装置を備えており、曲線区間でも速度を落とすことなく安全、安定走行することができる。設計上の最高時速は150キロメートル、運転最高時速は140キロメートル。

TEMU2000は台湾側に2012年から14年にかけて納入されたとされる。

中央通訊社によると、21日の事故では無事に脱出できた乗客から、「(事故の)しばらく前に、車両に不具合が生じたとの放送があった」「異常な減速を繰り返した」などの声が出ている

ただし、TEMU2000に納品までの設計や製造工程に問題があったかどうかは現在のところ不明。(翻訳・編集/如月隼人
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2018/10/23 12:54)

    運転士が安全装置を解除した状態で運転してたってさ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Max***** | (2018/10/22 22:23)

    夜のニュースを見たところ、どうやら、〈日本製〉は関係無く、運転手(;本土の方?)のミスの疑いが濃厚ですね。さぞ中央通訊社にとっては思惑外れではないでしょうか。 犠牲になられた方々には、お悔やみ申し上げます。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/10/22 12:04)

    >>ただし、TEMU2000に納品までの設計や製造工程に問題があったかどうかは現在のところ不明。 ここは日本の技術者や事故調も派遣して、徹底的に原因を究明するべきだと思うけどね。 仮に製造した企業に責任がある場合には、相応の責任を取ればいいだけの単純な話なんだが、もしも「誰かの思惑」に利用されてしまうような事があれば、どんな問題に発展するか分かったもんじゃない。 どこまでが日本企業の責任なのか情報を表に出す事と、きちんとした線引きをしなければならない。 幸い台湾は日本に対して比較的友好な関係だから、そういう提案をすれば受け入れてくれると思うけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
    73 4

最新ニュースはこちら

SNS話題記事