Record China

ヘッドライン:

あまりに醜い「黒暗系ケーキ」がネット上で話題に―中国

配信日時:2012年10月15日(月) 11時32分
拡大
10日、中国で醜い「黒暗ケーキ」が話題となっている。
(1/6枚)

2012年10月10日、中国では数年前、「理想はグラマー、現実はスリム」(理想は大きく膨らんでいるが、現実はそれと大きくかけ離れているという例え)という言葉がインターネット上で流行したが、最近ネット上で話題となっている「黒暗料理(料理の初心者などが作り、見てくれが非常に悪い料理や食べ物のこと)」のケーキシリーズにもこの言葉があてはまるかもしれない。中国江蘇省の地元夕刊紙・楊子晩報が伝えた。

その他の写真

ネット上に投稿された「醜いケーキシリーズ」を見ると、思わず笑ってしまう。画像だけを見ると、ケーキにはかわいい動物の絵などが描かれており、食べるのはもったいないという気持ちになるのだが、実際に実物を受け取ると、あまりにも哀れな見た目に「もったいない」ではなく「食べる気にならない」という気持ちになるという。ネットユーザーからは「これは黒暗系料理界の『傑作』に違いない」「こんなケーキを送るなんてなかなかのアイデアだね」と揶揄する声が寄せられている。

あまりに醜いケーキの投稿者は「今年4月に何気なしにウサギのケーキの投稿をクリックしたら、お腹が痛くなるほど笑えたから、ほかのスレからも面白いケーキを集めた。そのうち、ほかのネットユーザーも次々投稿してくれた。中には、共同購入でかわいいパンダのケーキを注文したのに、実際に送られてきたのは目を生クリームで直接描いたなんともぶさいくな熊のケーキだった、なんていうのも。インスタントメッセンジャー・QQを使って店側にクレームを入れたら、画像を見た店員も笑っていたらしい」とエピソードを話した。

これら「傑作」には、毛が爆発した中国で人気のアニメキャラクター喜羊羊(シーヤンヤン)、細長いドラえもん、ウサギのふりをしている豚、おさげの女性など、あまりにひどいその絵はネットユーザーらの爆笑を誘っている。ネットユーザーからは「ケーキ職人に美的センスがないと、そのケーキ屋の看板に傷が付くことがよく分かった」「消費者という立場でなければ面白いんだけど」などの声が寄せられている。(提供/人民網日本語版・編集/TF)

関連記事

ランキング