Record China

ヘッドライン:

「中国人を皆殺しにしてやる!」と言われ通報も、警察は取り合わず―米国

配信日時:2018年10月20日(土) 9時20分
拡大
19日、世界日報は、米国のスーパーで「中国人を皆殺しにしてやる!」との発言があったにもかかわらず、警察が取り合わなかったと伝えた。

2018年10月19日、世界日報は、米国のスーパーで「中国人を皆殺しにしてやる!」との発言があったにもかかわらず、警察が取り合わなかったと伝えた。

記事によると、16日午後3時ごろ、米カリフォルニア州のテンプルシティにあるKマートで、高(ガオ)さんが息子と一緒に買い物に訪れ、レジで支払いを済ませた後に服を畳んでいたところ、息子が「あの人、お母さんのことをじっと見ている」と言った。振り向くと、60代ほどと見られるメキシコ系の男性が高さんをにらんでいた。高さんが「何か問題でもありましたか?」と尋ねると、男性は「俺は中国人が嫌いだ。中国人を皆殺しにしてやる!」と言い放ったという。

この時、レジの店員はすぐにこの男性に対してスペイン語で、「公の場所でそういう発言をすべきではない」といさめたというが、男性は「俺は自分のしたいことは何でもできる。米国には言論の自由がある」などと反論。高さんが警察に通報しようとすると、男性は店を出て車に乗り、信号を無視して逃げて行ったという。

その後、高さんはロサンゼルス警察テンプル支局へ届け出た。ところが担当の警察官は、メキシコ系の男性について「彼は言いたいことを言うことができる」と発言。アジア系の警察官も、「これは犯罪ではない。私があなたの立場だったら事を荒立てない」と述べたという。しかし、高さんが引き下がらなかったため、警察は届出に記入し、「刑事事件ではない」旨を書き加えたという。当直の警察官も「このメキシコ系の男性を逮捕できる法律は何もない。あとは捜査部門に任せており、多くは語れない」と述べたという。

しかし高さんは、カリフォルニア州刑事法には、言葉による威嚇で他人の生命安全に危害を及ぼした場合、実際の行動をとっていなくても法に触れると見なすと規定されていると指摘。すると警察官は態度を変え、「これは確かに犯罪で、言葉の使い方を間違えただけ。届出には犯罪として記入している」と述べたという。

ところが後に、捜査部門から「これは刑事犯罪ではないので調査には協力できない。この種の問題はヘイトクライム部門へ電話するように」との連絡が高さんのところに来た。しかし高さんは、「(18歳の中国人)孫安佐(スン・アンズオ)は、米国で学校襲撃を予告したことで逮捕された。このメキシコ系の男性の言っていることも変わりはない。しかも彼は成人。この男性は発言に何の責任も負わなくていいというのですか?」と反論している。

この問題について、テンプルシティの市長は、「16年以降、全米でヘイトスピーチ事件が増えており、われわれはこの種の事件に対する警戒を強めなければならない」と指摘。高さんに対し、「このような状況に遭わせてしまい申し訳ない。すでに事件全体を関係部署に伝えており、何かしらの方法であなたを援助する」と述べたという。

その後、現地警察官のBerbo氏は、「高さんの語ったことを報告書として作成し、テンプルシティ支局の局長へ送った。メキシコ系の男性の言論が犯罪ではないと言った2人の警察官を記録し、2週間以内に調査員が連絡し、法に基づき処理することを約束する」と述べた。

高さんは、現地の華人グループに対し、「沈黙やなかったことにするのが正しい方法で、侮辱されても責任を追及しない方が良いと思うべきではない。私たちに対する態度がますます凶暴になるだけ。警察は早くこのメキシコ系の男性を捕まえてほしい」と述べているという。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

「中国人皆殺し」発言の番組、ホワイトハウスが打ち切り強制を拒否=「言論の自由ある」―中国メディア

10日、昨年10月に米ABCテレビのトーク番組で男の子が「中国人を皆殺しにしよう」と発言したことを受け、在米華人が番組の打ち切りと正式な謝罪を求めていた問題について、米政府が正式に回答した。写真はホワイトハウス。

Record China
2014年1月13日 19時2分
続きを読む

ランキング