コリアパッシング?駐日韓国大使、日米の合意を把握できず批判浴びる

配信日時:2018年10月19日(金) 13時20分
コリアパッシング?駐日韓国大使、日米の合意を把握できず批判浴びる
画像ID  1034440
18日、韓国・KBSによると、ポンペオ米国務長官が今月初めの北朝鮮訪問を前に日本政府と合意した内容をめぐり、駐日韓国大使館が「把握していない」と述べて批判を浴びた。資料写真。
2018年10月18日、韓国・KBSによると、ポンペオ米国務長官が今月初めの北朝鮮訪問を前に日本政府と合意した内容をめぐり、駐日韓国大使館が「把握していない」と述べて批判を浴びた。

東京の駐日韓国大使館で同日行われた外交統一委員会の国政監査で、朴柱宣(パク・ジュソン)議員は「ポンペオ長官が北朝鮮を訪問する前に日本を訪れたが、その時にどんな合意があったか確認したか」と質問した。これに対し、李洙勲(イ・スフン)駐日大使は「詳しい状況は把握していない」と答えたという。

すると朴議員は「北朝鮮問題は日本の安保にも影響を及ぼす上、現在の日米同盟関係は過去のどの政権より密着している。こうした状況なら当然、ポンペオ長官が日本の外相と話した内容を確認し、本部に報告するべきだった」と指摘した。朴炳錫(パク・ビョンソク)議員も「文大統領の平壌での会談内容は主要4カ国に通知している。日本もそれに相応する対応をすべきであり、大使館が通知を受けていないということは日本と対等な外交ができていない証拠」とした。

これを受け政務公使が「簡単に報告を受けた」と説明すると、朴委員は「重要な通知を受けたなら、それを強調して報告書を書くべきだ」とし、李大使が指導体系を確立すべきと訴えた。相次ぐ厳しい指摘に対し、李大使は「重く受け止める」と述べたという。

これに、韓国のネットユーザーからは「完全に韓国が仲間外れにされている」「教えられないのだろう。すぐに北朝鮮に伝わってしまうから」「すぐに裏切る文大統領を米国が信じるわけないよね」など“コリアパッシング”を懸念する声が上がっている。

また「そんなことすら把握できないなんて本当に仕事ができないね。日韓関係悪化は、韓国が北朝鮮と米国との協力をうまく利用できていないことも原因」と分析する声や、「重要な情報はしつこく聞き出すべき」「これは韓国への警告。だから文大統領は焦ってはいけない。むやみに北朝鮮の制裁緩和を口にしないで」と主張する声も。

一方で「今の日本は韓国をパッシングできる状況か?」との指摘も見られた。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事