慰安婦を扱う韓国映画、中国でまた上映へ―中国メディア

配信日時:2018年10月25日(木) 23時50分
慰安婦を扱う韓国映画、中国でまた上映へ―中国メディア
画像ID  1034128
23日、中国メディア・新浪は中国版ツイッターで、慰安婦を扱う韓国映画が中国でも上映されることが決まったと伝えた。写真は韓国の慰安婦像。
2018年10月23日、中国メディア・新浪は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、慰安婦を扱う韓国映画が中国でも上映されることが決まったと伝えた。

中国で上映されるのは、2017年に制作された映画「アイ・キャン・スピーク」。戦時中に慰安婦となった老婦人が堅物公務員から英語を教わり、やがて米国に渡って慰安婦被害について語るというストーリー。

主演はナ・ムニとイ・ジェフン。76歳のナ・ムニは、この映画により第55回大鐘賞映画祭で主演女優賞を受賞している。

この記事に、中国ネットユーザーは次のようなコメントを書き込んでいる。

「どんな感じだろう?悲惨な内容だったら見たくない」
「悲惨さを描いた映画じゃなく、面白かった」
「慰安婦問題だけの映画じゃない」

「ナ・ムニがかわいらしい」
「演技力あふれる魅力的な女優だ」

「中国の映画評価サイトでもひときわ評価が高い」
韓流禁止令が解除されるきっかけになるかもしれない」
「ラスト30分は涙なしに見られない」
「この映画は絶対見るべき」
「中国での上映、期待しちゃうね」(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事