Record China

ヘッドライン:

慰安婦デモが学則違反?韓国大学の決定が物議

配信日時:2018年10月26日(金) 20時40分
拡大
26日、韓国・京郷新聞によると、韓国・檀国大学の学生らが、水曜集会への参加を理由にサークルの承認申請を拒否されたと主張し、物議を醸している。写真は水曜集会。

2018年10月26日、韓国・京郷新聞によると、韓国・檀国大学の学生らが、水曜集会(元慰安婦支援団体が日本からの謝罪などを求め毎週水曜に行っているデモ)への参加を理由にサークルの承認申請を拒否されたと主張し、物議を醸している。

同大学と学生らによると、一般サークル「檀国大 平和の蝶ネットワーク(檀国の蝶)」は今月5日、中央サークルへの昇格を申請した。しかし大学側は「サークルの活動内容が学則に違反する」との理由で不許可決定した。大学側は「学則には、健全な学生自治活動を通じた真理探究と社会ボランティア活動および親睦を図るためにサークルを設立できるとあるが、これに該当しない」と説明したという。

檀国の蝶は「14年に結成した後、会員約30人が毎年1~2回、元慰安婦女性のための募金やキャンペーン活動を行ってきた」と説明し、大学に不許可決定の撤回を求めたが、受け入れられなかったと主張している。また「大学側が日本大使館前で行われる水曜集会に参加したことを問題視した」と批判しているという。檀国蝶の会長は「昔作られ、すでに死文化したも同然の学則で学生の自治権を弾圧している」と主張した。

一方、大学側は「檀国の蝶は学則に明記されたサークル設立規定に合致していないため昇格できなかったのであり、行動を妨害したり弾圧したりする意図は全くない」とし、「檀国の蝶はこれまで、ボランティア活動より外部活動(集会と署名運動)を多くしていた。健全な学生学術活動でないと判断し、不許可を決定した」と説明した。

平和の蝶ネットワークは慰安婦問題解決に向け慰安婦少女像設立のための署名運動を行う全国大学連合サークルで、韓国全域の約40の大学に支部がある。京畿道には同大学を含む6つの支部があり、そのうち安養大学など3つの支部は現在中央サークルに昇格し、学校から支援金を受けて活動しているという。

これに、韓国のネットユーザーからは「学生の素晴らしい活動をなぜ妨害する?」「大学を日本に移した方がいいのでは?」「教育界にまだ親日が多く残っているという証拠」「真理探究、ボランティア、親睦を図る。水曜集会は全て当てはまっているのになぜ?」「大学関係者の目は節穴?これ以上に健全な活動なんてないよ」など、大学側の決定に不満の声が上がっている。(翻訳・編集/堂本

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング