子どもが大泣きしてるのに!日本のLCCの対応に台湾人乗客から不満噴出―台湾メディア

配信日時:2018年10月18日(木) 16時20分
子どもが大泣きしてるのに!日本のLCCの対応に台湾人乗客から不満噴出
画像ID  1034113
自由時報など、複数の台湾メディアによると、16日に台湾・高雄国際空港が閉鎖されたことによる影響で同空港への着陸が困難になった日本のLCCの対応を巡り、台湾人乗客から不満の声が噴出した。
自由時報など、複数の台湾メディアによると、16日に台湾・高雄国際空港が閉鎖されたことによる影響で同空港に着陸できなくなった日本のLCCの対応をめぐり、台湾人乗客から不満の声が噴出した。台湾CTSは「全乗客が怒りの抗議!」とのテロップで伝えている。

報道によると、同日、チャイナエアライン機のタイヤがパンクする事故があり、同空港はおよそ6時間にわたり閉鎖された。この影響を受け、大阪と沖縄から同空港に向かったPeach(ピーチ)の2便(MM035、MM933)は急きょ台北の桃園国際空港に着陸。しかし、同便は乗客を乗せたまま給油を済ませると、そのまま日本へ引き返すことを決定。台湾人が多かったという乗客からは、「ここで降ろしてほしい」という声が相次いだが聞き入れられず。不満や怒りの声が上がったという。

ある乗客は当時の状況について、「機内アナウンスで、『高雄空港が閉鎖されたので桃園空港に行く』と言われたが、何が起きているのかまったく分からなかった。到着したら、今度は『飛行機から降りないでください』と言われた。水は配られたけど、友人の小さい子どもはお腹が空いて大泣きしていた。2時間後、またアナウンスでそのまま日本に戻ると伝えられた。降ろしてくれない理由などは分からなかった」と説明した。

他の乗客も、「機内には温かいお湯やカップ麺もない。食べられるものはなかった」「やっと桃園まで来たのに。そのまま沖縄にもどされたら機内に6時間もいることになる。大人はいいけど、子どももいるんだから…」など不満をにじませたという。台湾のテレビ局のインタビューを受けた乗客からも、「(代わりの)チケットも何もなかった」「現金をほとんど持っていないのに日本に引き返されても困る」「まだ立っているのに飛行機が動き出して、座席に座らざるを得なかった。強制的に関空に引き返させられた」など、怒りの声が上がった。

当時、機内では「補償はいらないからここで降ろしてくれ」と乗務員に要求する人や、他の乗客に対して「ここで降ろしてほしい人は挙手を」などと「投票」を始める人もいた。この「投票」には多くの乗客が挙手をして降りたいという意思を示したというが、結局、希望がかなうことはなかった。民視新聞は、「多くの乗客はピーチに対する信頼を失い、二度と乗りたくないという反応だった」と伝えている。

台湾・聯合新聞網によると、ピーチは騒動が高まりを見せた後に、「桃園国際空港でお客様を降ろすことも選択肢の一つでしたが、入国手続きの案内ができるか、桃園から高雄までの交通の代替案が準備できるかなどを考えました。時間を要するとお客様によりご迷惑がかかると思い、総合的に判断して、出発地に引き返すことを決めました」と説明。乗客に謝罪し、1人につき4000台湾ドル(約1万4500円)などの補償を行うことを発表したが、台湾では「初めからその誠意を見せてほしかった」など批判の声がやむ様子はないようだ。(翻訳・編集/北田

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事