攻めるスウェーデンメディア、今度は中国の人権問題指摘―中国メディア

配信日時:2018年10月18日(木) 11時40分
攻めるスウェーデンメディア、今度は中国の人権問題指摘―中国メディア
画像ID  1034067
17日、中国新聞網によると、駐スウェーデン中国大使館は16日、中国の人権問題に関する現地紙掲載の文章について、「偏見に満ちた内容」と非難する報道官談話を発表した。写真はスウェーデン。
2018年10月17日、中国新聞網によると、駐スウェーデン中国大使館は16日、中国の人権問題に関する現地紙掲載の文章について、「偏見に満ちた内容」と非難する報道官談話を発表した。

談話は、スヴェンスカ・ダーグブラーデットが掲載した左翼党・外交政策報道官の文章を「中国の人権状況を訳もなく非難。新疆の発展状況をおとしめ、国に中国への圧力を要求した」と指摘。「偏見に満ちた内容で中国政府を侮辱。内政に干渉するものだ」と断じ、「イデオロギーで線引きし、人権問題の名を借りた政治的対抗、内政干渉に断固反対する」「左翼党が客観、公正の目で中国に向き合うこと、スヴェンスカ・ダーグブラーデットが中国について客観、公正に報道することを希望する」などと強調した。

中国とスウェーデンは「スウェーデンで中国人観光客が粗暴な扱いを受けた」ことをきっかけに対立を続けており、その火花は中国と現地メディアの間でも飛び散っている。スウェーデン・テレビ(SVT)は先月21日、コメディーショーで中国人観光客のトラブルを面白おかしく放映。中国大使館は22日、「道徳的に許せるラインを超えた」と抗議したが、番組の制作責任者は「中国人はユーモアとは何かを理解していない」などと回答した。中国大使館はSVTが24日出した謝罪声明を「人種差別的言動についての言及を故意に回避し、詭弁を弄して責任逃れをしようとしている」として受け入れない考えを示している。

さらにSVTの司会者は28日夜の番組で、「私は中国のネットユーザーからいじめを受けた。10億人に受けなかったジョークを発したこと、民族主義で不快に思った人には謝りたい。しかし、言論の自由を尊重しない中国政府には謝らない」と発言し、中国大使館は放送翌日に「対立をあおり立てている」との抗議声明を発表。大使館は今月14日にも「言論の自由は人種差別主義の隠れみのにならない」「SVTおよび番組関係者に重大な過ちの正視、中国に対する誠意ある謝罪を強烈に促す」などのコメントを発した。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひで***** | (2018/10/19 16:59)

    中国政府は自国及び自国民が世界中から笑い者になっていることに気がつかないのかな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Jac***** | (2018/10/19 10:57)

    中国人観光客が粗暴な扱いを受けた・・・でっち上げ 中国人観光客が非常識な行為(3人の予約で4人宿泊)をしようとしたのが原因です
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 色は匂***** | (2018/10/18 18:07)

    元は中国メディアが中国観光客が時間外にホテルに滞在しようとして墓場に連れて行かれたと報道したことで粗暴な対応をされたと思っていることが原因だろう。 その時間でも対応してくれる教会に連れて行ったことを報道せずに・・・ 不公正な報道しかしない中国メディアに対してスエーデンのメディアが対抗しているだけだろうか? 単にメディア同士が言い合っているだけのように思える。 もっとも中国メディアは国の規制が強いから国が関わらざるを得ないのだろうけど・・・
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事