ファン・ビンビンの脱税騒動、大作映画「大轟炸」が上映中止に=ブルース・ウィリスなど豪華キャスト―中国

配信日時:2018年10月18日(木) 11時10分
ファン・ビンビンの脱税騒動で、大作映画が上映中止に
画像ID  1034038
17日、脱税騒ぎで連日話題の女優ファン・ビンビンが出演する大作映画「大轟炸」(Unbreakable Spirit)が、今月26日からの上映を中止すると発表した。
2018年10月17日、脱税騒ぎで連日話題の女優ファン・ビンビン(范冰冰)が出演する大作映画「大轟炸」(Unbreakable Spirit)が、今月26日からの上映を中止すると発表した。新浪が伝えた。

その他の写真

ファン・ビンビンら中華圏のトップスターをはじめ、韓国の俳優ソン・スンホン、ハリウッドからブルース・ウィリスなど豪華キャスティングが話題の映画「大轟炸」は、第二次大戦中に起こった日本軍の重慶への大規模空襲を描く作品。当初は中国で8月公開だったものが10月26日に延期されていたが、制作側が17日に上映中止を発表した。

もともと資金面で黒いうわさが報じられていた「大轟炸」だが、世界中から注目されたファン・ビンビンの脱税騒ぎが、上映中止の決定打になった様子。ファン・ビンビンはこの映画で3000万元(約4億9000万円)の報酬を受けているが、うち2000万元(約3億3000万円)について脱税が明らかに。個人所得税が618万元(約1億円)、営業税が112万元(約1800万円)と、脱税分は計730万元(約1億1800万円)に上る。なお、「大轟炸」の製作費は7億元(約114億円)とも報じられており、回収できないことで大打撃を被ることになった。

今年5月末に脱税のうわさが浮上し、それから3カ月以上にわたって姿を消していたファン・ビンビンだが、騒動が始まってから初めて、今月15日に北京首都空港でその姿を現した。また、ドラマロケのため海外にいた婚約者の俳優リー・チェン(李晨)も17日、サイパンから北京に到着し、同じく騒動が持ち上がってから初めて姿を見せている。なおリー・チェンは到着後、その足でファン・ビンビンの自宅に向かったことが分かっている。(翻訳・編集/Mathilda

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事