フジテレビが上海のSMGピクチャーズとドラマ2作品を共同制作、その他

配信日時:2018年10月18日(木) 9時20分
フジテレビが上海のSMGピクチャーズとドラマを共同制作、その他
画像ID  1033977
フジテレビは17日、上海に拠点を置くSMGピクチャーズと今後3年間でドラマ2作品を新たに共同制作する。写真はSMGピクチャーズのホームページから。
<日中経済・新事情>
関連用語: フジテレビ、SMGピクチャーズ(SMG尚世影業)、ドラマ共同制作 / 東陽テクニカ、General Test System(深セン市通用測試系統、GTS)、電磁環境測定、自動運転車開発 / DIC、三菱UFJ銀行、中国子会社、シンガポール、キャッシュマネジメント / トランスコスモス、カスタマーセンター、アウトソーシング、受賞

●フジテレビ、上海のSMGピクチャーズとドラマ2作品を共同制作
フジテレビは17日、SMGピクチャーズ(SMG尚世影業、本社・上海市)と構築している戦略的パートナーシップの関係を一層強化し、今後3年間でドラマ2作品を新たに共同制作することに合意したと発表した。フジテレビとSMGピクチャーズは、2015年11月に戦略的パートナーシップを締結し、これまで「プロポーズ大作戦」(07年4月期)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(15年1月期)の中国版を共同制作し、中国で放送・配信してきた。関係をさらに強化・発展させる。フジテレビ映画の中国配給を同時に進めていくことでも合意したSMGピクチャーズとのパートナーシップ強化によって、中国の若い世代を中心に再認識されている品質の高い日本ドラマを、引き続き中国で積極的に展開する方針だ。

●東陽テクニカ、深センGTS社の自動車向け試験ソリューションを販売―自動運転車開発の加速に有効
東陽テクニカは10月、General Test System(深セン市通用測試系統、GTS)の日本における総代理店契約締結後の第1弾として、GTSの「自動車向け総合電磁環境測定ソリューション」の販売を始めた。同ソリューションにより、自動車向けの既存のEMC3試験(電子機器が他の機器に電磁妨害を与えず、他の機器からの電磁妨害を受けないことを実証する試験)用暗室に独自のハード/ソフトウェアを追加することで、EMC試験に加え国際的に認められた仕様にも合致する独自の試験が実施できるようになる。特許取得のアルゴリズムにより計測時間を大幅に短縮し、自動車のような大きな被試験体の3D MIMO(通信品質向上のため送受信に複数のアンテナ を使用すること)計測も高精度で実施できる。新規施設の建設のための多額な設備投資や広い土地の確保が不要で、建設期間と作業量の削減に寄与するという。

●DIC、中国子会社19社をシンガポールと結びグローバルなキャッシュマネジメントを構築
 DICは17日、三菱UFJ銀行のアレンジにより、地域統括会社であるDIC(China)(上海市)を通じて中国の子会社19社をシンガポールにプーリング接続するグローバルキャッシュマネジメントの枠組みを構築し、10月に稼動を開始すると発表した。成長市場である中国における投資拡大を図ると共に、グループ全体の資金効率の向上に役立てる。同社はこれまでも、高成長が見込まれる新興国の資金効率向上のため、日本を含むアジア6カ国、8社が、9通貨(米ドル、ユーロ、日本円、豪ドル、NZドル、SGドル、HKドル、オフショア人民元、オフショアタイバーツ)のシンガポールをハブとした資金融通を推進し、有利子負債の圧縮と成長資金の確保を進めてきた。

●トランスコスモス、カスタマーセンターとして「卓越アウトソーシングサービス賞」を受賞
トランスコスモスは17日、100%子会社の上海特思爾大宇宙商務咨詢(トランスコスモスチャイナ)が16日、2018年「金耳唛杯中国ベストカスタマーセンター 卓越アウトソーシングサービス賞」を受賞したと発表した。同賞は中国コンタクトセンター業界の権威的機構の客戸世界(CCMW)が主催し、今年が第14回。トランスコスモスチャイナは2006年に上海で事業を開始し、現在までに上海、北京、天津、合肥(安徽省)、長沙(湖南省)、西安(陝西省)、武漢(湖北省)の7拠点を設置、台北と深センには支社を開設。中国市場において国国内外の70を超えるブランドにサービスを提供している。(翻訳・編集/如月隼人

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事