Record China

ヘッドライン:

中国有名メーカーの醤油に偽装発覚、もはや何を食べればいいのか…―米華字メディア

配信日時:2018年10月18日(木) 12時50分
拡大
中国で食の安全性に関わる問題が再び浮上した。有名メーカーが製造・販売している醤油に偽装が発覚したという。写真は中国のスーパーの調味料売り場。

2018年10月16日、米華字メディア・多維新聞によると、中国で食の安全性に関わる問題が再び浮上した。有名メーカーが製造・販売している醤油に偽装が発覚したという。

中国では多くの料理に調味料として醤油が使われており、伝統料理から一般の家庭料理まで、醤油は最も基本的かつ重要な調味料として定着し、その需要も当然高い。年間300万トンを超える醤油が中国国内で生産されている。

ところが12日、江蘇省で行われた醤油製品の比較試験に関する報告書で、醤油製品48ブランド、120サンプルのうち29サンプルが中国の国家基準から外れていることがわかった。その中には有名ブランドしてよく知られている「海天醤油」や「李錦記」も含まれているという。

記事によると、生産コストを減らすため工程を大幅に簡略化したことで、濃度が足りなくなった醤油に色出しのためカラメル色素を添加するメーカーもあるが、カラメル色素の製造時に生成される4-メチルイミダゾール(4-MEI)には発がん性が指摘されている。

中国では近年、下水油(地溝油)や肉の赤身剤、汚染粉ミルクなど食の安全性に関わる不祥事や問題が頻発しているが、ここに来て醤油を買う時までもその安全性を疑わなければならなくなったと記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング