山西省の雲崗石窟を3Dプリントで再現 移動可能でどこででも展示可能

配信日時:2018年10月17日(水) 22時20分
画像ID 
山西省雲崗石窟研究院はこのほど、浙江大学と提携し、3Dプリント技術を利用して、原寸大の移動可能な雲崗石窟第12窟「音楽窟」を製作した。

山西省大同市に位置する雲崗石窟は中国四大石窟の一つに数えられ、壮大な規模、美しい彫刻、中国と西洋の芸術スタイルをうまく組み合わせて作られたなどの特徴で有名だ。雲崗石窟研究院は長年、石窟や石像などの移動不可能な文化財を他の場所で展示する方法を探ってきた。今回再現されたのは、雲崗石窟の「仏籟窟」とも呼ばれる第12窟「音楽窟」で、奥行き14メートル、幅11メートル、高さ9メートル、壮大で美しく、輝かしい弥勒天宮が飾られている。今回は6カ月の歳月をかけ、高精度の3Dデータの収集と3Dプリント、さらに、「積木式」の新技術と製作法を採用して、その第12窟「音楽窟」が再現された。再現された石窟の前殿は、2メートル四方のアルミニウム合金の枠組み48個からなり、誤差は2ミリ以内となっている。また、その重さは5トン未満で、実際の「音楽窟」は数百トンであることを考えると、かなりの軽さとなっている。コンテナ車5台でそれらを運び、1週間で組み立てて展示することが可能だ。

雲崗石窟研究院の張院長によると、「もうすぐ、石窟後室の3Dプリントが完了し、古代の技術を採用して天然顔料で石窟に色を付け、再現した第12窟や雲崗石窟の他の文化財を一括りとして、中国国内外で巡回展示をする計画」という。 (編集KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<