南シナ海での「軍事化」指摘に反論、中国外交部「これは自衛権で、軍事化ではない」

配信日時:2018年10月17日(水) 16時40分
南シナ海での「軍事化」指摘に反論、中国外交部「これは自衛権です」
画像ID  1033853
16日、中国外交部の陸慷報道官は定例記者会見で米国から南シナ海での軍事化を批判されたことについて記者からの質問に回答した。
2018年10月16日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は定例記者会見で米国から南シナ海での軍事化を批判されたことについて記者からの質問に回答した。

記者から「米大統領が先日、中国は南シナ海で軍事化を進めていると指摘し、『航行の自由』作戦を行っている米軍艦に対して邪魔をしていると述べました。中国側はどう受け止めますか」と問われた陸報道官は、「米国側の言論はまったくもって自らを棚に上げるものだ」と反論。「中国は南シナ海の島しょと付近の海域の主権を有している」と主張し、「中国は自国の領土で、必要な防御施設の建設を含む平和的な建設活動を行っている。これは、国際法で付与されている主権国家の自衛権であり、軍事化とはまったく関係ない」と述べた。

また、「南シナ海の航行の自由や飛行の自由にはいかなる問題も存在しない」と強調し、「米国はそれらを掲げて頻繁に軍艦や戦闘機を派遣し、勝手に西沙諸島(パラセル諸島)の中国の領海に侵入している。これこそまさに、緊張をつくり出す『軍事化』だ」と述べた。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事