日中平和友好条約締結40周年を記念、鑑真の日本渡航描いた巻物―中国メディア

配信日時:2018年10月18日(木) 5時20分
日中平和友好条約締結40周年を記念、鑑真の日本渡航描いた巻物
画像ID  1033783
日中平和友好条約締結40周年に際し、中国外交部の元外交官で国際文化交流事業に意欲的な馮一束氏は、筆を手に鑑真のたどった道のりを振り返り、現代から過去に思いを馳せ、日中両国の人々が共に使命を担い、美しい未来を築くことに期待を寄せている。
鑑真は西暦743年に日本の僧の招きを受け、6度にわたる苦しい航海を経てついに日本にたどり着いた。その後、鑑真は日本で10年間暮らし、唐代の文化を伝えることに尽力し、日中友好交流の歴史における最も代表的な使者になった。鑑真の精神は今日も日中民間交流の重要な絆になっている。人民網が伝えた。

その他の写真

日中には文化の伝承と美しさへの追求において共通点がある。日中平和友好条約締結40周年に際し、中国外交部の元外交官で国際文化交流事業に意欲的な馮一束(フォン・イーシュウ)氏は、筆を手に鑑真のたどった道のりを振り返り、現代から過去に思いを馳せ、日中両国の人々が共に使命を担い、美しい未来を築くことに期待を寄せている。

この「含章渡海東」と題されたこの水墨画の巻物は、鑑真が6度にわたり、日本を目指して旅した物語を原型としている。長さ10メートル、幅50センチで、本紙の長さは7メートルに達する。巻物は時間をその主軸とし、そこに鑑真の幼き日から日本へ渡るまでの全過程が描かれている。

同作品はその表現スタイルにおいて、伝統的な同一の時間における空間の移ろいという芸術スタイルとは異なり、地理や山河を参考に、ストーリーを描き入れ、歴史の流れに従って展開しており、論理性に富んでいる。その画風は全体的に写実性を重視しており、複雑な「洗礼」の旅の過程における人物を描きだす際には、人物と精神及び自然風景の融合を重視している。

馮氏はこの作品を創作するため、大量の歴史資料を調べたという。これには国内外の伝記や映像作品、オンライン旅行記などが含まれ、人物の服装から建物、習俗など各方面で歴史事実の再現を試みている。絵には書道家の黄立軍(ホアン・リージュン)氏の楷書による説明も添えられており、その説明文は日本の真人元開による「唐大和上東征伝」から引用している。字と絵の融合は日中両国の鑑真の日本渡航に対する共通の文化的認識や精神の伝承と美しさへの追求を反映しているだけでなく、さらに作品そのものに尽きることない味わいを与えている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/10/18 08:14)

    >鑑真の精神は今日も日中民間交流の重要な絆になっている 鑑真は〈宗教上の使命感〉から日本に文化を伝えたわけで、見返りや称賛の言葉を求めなかった。その精神を参考にしているなら『日本文化は中国のおかげ』みたいな態度は控えてほしい。それは先人の偉業を汚すだけである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事