台湾・馬英九氏、尖閣は「はぐれた子ども」―米華字メディア

Record China    2018年10月17日(水) 12時20分

拡大

16日、米華字メディア・多維新聞によると、台湾の馬英九前総統は同日行った講演で尖閣諸島を「はぐれた子ども」に例えた。写真は馬英九氏。

2018年10月16日、米華字メディア・多維新聞によると、台湾の馬英九(マー・インジウ)前総統は同日行った講演で尖閣諸島を「はぐれた子ども」に例えた。

馬氏は東呉大学(台北市)で月1回、異なるテーマで講演を行っている。16日は「東シナ海の風雲と国際法」。尖閣諸島の主権問題について馬氏は「明・嘉靖40年(1561年)、釣魚台(尖閣諸島)は鄭若曾の『万里海防図』に入れられた」などと話し、清・同治10年(1871)年に「福建通志」で海上防衛の要衝とされた点を「最も重要」と指摘。その上で、「こうした角度から見ると釣魚台はすでに領土に加わっていたことになる」と発言した。

馬氏は「政府が国際裁判で島の主権を争うようなことになれば、私は無料でサポートする。われわれは強力な証拠を持っていると考える」とも話し、「日本が1914年以降に中国から窃取した領土を無条件で返還することがカイロ会談で話し合われた。宣言には中華民国への返還が明記されている」と強調した。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携