Record China

ヘッドライン:

北京近隣に「ゾンビ給油所」=当局に封鎖されても復活、大気汚染の原因になる燃料を低価格で違法販売

配信日時:2018年10月17日(水) 10時20分
拡大
1/2枚
中国メディアの新京報網は15日、北京市中心部から約150キロメートルの距離にある河北省定州市で、違法に営業する給油所が多く存在すると報じた。大気汚染対策などのために販売が禁止されたディーゼル油やガソリンを売っており、当局による「封鎖処分」の対象になっても、たちまち復活するという。

その他の写真

定州市は北京市と河北省省都の石家荘市を結ぶ道路が通っているなどでトラックの交通量が多い。道路沿いには多くの給油所があるが、2017年には営業許可証を取得していないなどで、360軒が封鎖されたという。ところが現在は十数件が「復活」し、営業許可を取得していないまま商売をしているという。

中国では当局が違法性を理由に企業や商店などを閉鎖させ、ドアに「封」の文字と閉鎖させた機関名、日時などを書いた紙を貼ることがある。物理的に紙を破ることは可能だが、法的責任を問われることになる。「封」の紙は、かなりの権威があるものと見なされてきた。

ところが定州市では、当局による閉鎖命令に挑発するように、給油所が復活しはじめた。中には閉鎖の翌日に営業を再開したケースもある。記事は、「閉鎖に対して赤裸々に挑発しているのか?」と評した。

中国では2011年ごろから、自動車燃料についての品質基準が強化された。主な理由は大気汚染対策だ。ディーゼル油の場合、「国一」「国二」など順を追って基準が厳しくなった。大都市では他の地域に先行して、古い基準の燃料油も販売が禁止されるなど、当局は現状と実効性の兼ね合いのバランスを見極めながら、基準を強化してきた。

中国の首都圏である北京市・天津市・河北省は特に基準が厳しく、自動車用ディーゼル油の場合、2017年10月には全国に先駆けて最新の「国六」の基準を満たした油の販売だけが許されるようになった。

ところが、定州市の違法給油所は民家の庭なども利用し、すでに販売が禁止されている古い「国一」や「国二」などのディーゼル油を販売している。さらに混ぜ物をしている油も売られているという。価格は現在の基準を満たしているディーゼル油よりも、1リットル当たり3~4元(約48~65円)は安価という。「偽装」のためか、民家の建物内に給油機を置き、鉄製の引き戸ですぐに外部から見えなくできる構造の給油所もある。

また、違法な給油所は安全面も問題が大きく「タンクとパイプと給油機があるだけ。消火設備はない」状態という。近隣住人にとっては「爆弾の隣で暮らしている」ようなものだ。

記事は、当局を挑発するような違法営業が横行していることは「何か背後が存在する」との声が出ていると紹介した。(翻訳・編集/如月隼人)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

満足度100%の模範的汚染対策の川、いまだに黒くて臭いまま=「上に政策あれば下に対策あり」「満足度なんて政府発表で決まる」―中国ネット

27日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、中国中央テレビの報道を引用し、模範的な汚染対策プロジェクトと言われた川が、いまだに黒くて臭い川だと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record china
2018年7月1日 8時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング