【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

<日韓関係>W杯共催の蜜月はどこへ=互いに「親しみを感じない」人が大きく増加―韓国紙

配信日時:2012年10月8日(月) 8時4分
<日韓関係>W杯共催の蜜月はどこへ=互いに「親しみを感じない」人が大きく増加―韓国紙
画像ID  350067
6日、韓国紙・朝鮮日報は、韓日合同世論調査の結果を発表した。相手国への親近感が2002年の日韓W杯以来最低値を記録した。写真は12年1月、李明博大統領の公式訪問を記念して、天安門広場に韓国国旗が掲揚された。
2012年10月6日、韓国紙・朝鮮日報は、韓日合同世論調査の結果を発表した。相手国への親近感が02年の日韓W杯以来最低値を記録した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

韓日合同世論調査は9月29日から10月1日にかけ、朝鮮日報と日本の毎日新聞が合同で実施したもの。韓国人の日本に対する親近感は「親しみを感じない」が61%、「感じる」の36%を大きく上回った。日本人の韓国に対する親近感は「親しみを感じない」が48%、「感じる」の47%をやや上回った。

同調査は1995年から6回実施されている。2002年のW杯共催直後は韓国人の日本に対する親近感は42%、日本人の韓国に対する親近感は77%と最高値を記録したが、その後下落傾向に転じた。

また韓国で「日本と中国がサッカーで対戦したら、どちらを応援するか?」と質問したところ、中国との回答が56%。日本の15%を上回った。日本での質問では韓国との回答が60%。中国の11%を大きく上回った。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事