2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本でプロ野球を観戦した台湾人、球場で取り囲まれ暴行受ける=「怒りの矛先」は意外な方向へ―台湾メディア

配信日時:2018年10月12日(金) 11時30分
日本でプロ野球を観戦した台湾人が球場で暴行被害、「怒りの矛先」は…
画像ID  1032544
11日、台湾・TVBSによると、台湾人観光客がこのほど日本の野球場で暴行を受ける事件があった。写真は甲子園(資料写真)。
2018年10月11日、台湾・TVBSによると、台湾人観光客がこのほど日本の野球場で暴行を受ける事件があった。しかし、被害者の怒りの矛先は意外な方向へ向かったという。

記事によると、被害者が観戦したのは10月9日に甲子園で行われた阪神対巨人戦。試合後、ファン同士の衝突に巻き込まれ、服を引っ張られたり、腕をつねられたりした他、眼鏡やかばんを奪われた。その後、6~7人に囲まれて目などを殴られ、服を破かれたという。被害者はネット上に、壊れたスマートフォンや当日の外野席のチケットの写真を掲載している。

被害者は警察に相談したものの英語が通じず、台北駐日代表処に助けを求めた。代表処は警察側の「こういう状況では一般的に訴えても利益より損失の方が大きく、処理も面倒。被害が大きくなければなかったことに」という説明を通訳して被害者に伝えたが、被害者はこれを代表処の見解だと受け止め反発。ネット掲示板に代表処を猛非難するコメントを書き込み、他のユーザーからの反響を呼んだという。

この騒動について、民進党立法委員の蔡適応(ツァイ・シーイン)氏は「この過程で、担当者は通訳に少なくとも30分は割き、苦労している。ネットユーザーは内容をよく確かめた上でコメントした方がよい」とコメントした。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/10/13 13:27)

    あー、日本の原住民がご迷惑をおかけして申し訳ありません。 一部の阪神ファンと巨人ファンは脳が筋肉で出来ているので、感情で突っ走ることがままあります。フーリガンみたいなものなので、今後はなるべく近寄らないようにした方が良いでしょう。 重ねてお詫び申し上げます。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/10/12 17:12)

    >こういう状況では一般的に訴えても利益より損失の方が大きく、処理も面倒。被害が大きくなければなかったことに 日本の警察がこんな不人情なことを言うはずがない。おそらく『加害者を特定することが困難で、裁判に訴えても賠償金を取れない可能性が高い』とアドバイスしたのだろう。通訳が警官の話を正確に伝えなかったことが原因である。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事