Record China

ヘッドライン:

日本でプロ野球を観戦した台湾人、球場で取り囲まれ暴行受ける=「怒りの矛先」は意外な方向へ―台湾メディア

配信日時:2018年10月12日(金) 11時30分
拡大
11日、台湾・TVBSによると、台湾人観光客がこのほど日本の野球場で暴行を受ける事件があった。写真は甲子園(資料写真)。

2018年10月11日、台湾・TVBSによると、台湾人観光客がこのほど日本の野球場で暴行を受ける事件があった。しかし、被害者の怒りの矛先は意外な方向へ向かったという。

記事によると、被害者が観戦したのは10月9日に甲子園で行われた阪神対巨人戦。試合後、ファン同士の衝突に巻き込まれ、服を引っ張られたり、腕をつねられたりした他、眼鏡やかばんを奪われた。その後、6~7人に囲まれて目などを殴られ、服を破かれたという。被害者はネット上に、壊れたスマートフォンや当日の外野席のチケットの写真を掲載している。

被害者は警察に相談したものの英語が通じず、台北駐日代表処に助けを求めた。代表処は警察側の「こういう状況では一般的に訴えても利益より損失の方が大きく、処理も面倒。被害が大きくなければなかったことに」という説明を通訳して被害者に伝えたが、被害者はこれを代表処の見解だと受け止め反発。ネット掲示板に代表処を猛非難するコメントを書き込み、他のユーザーからの反響を呼んだという。

この騒動について、民進党立法委員の蔡適応(ツァイ・シーイン)氏は「この過程で、担当者は通訳に少なくとも30分は割き、苦労している。ネットユーザーは内容をよく確かめた上でコメントした方がよい」とコメントした。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本のコンビニに貼られた「中国語の注意書き」がFBで話題、「13億人が震え上がったな」「日本人は本当に…」―香港メディア

8日、香港経済日報など、複数の香港メディアによると、ある香港のネットユーザーがこのほど、日本のコンビニエンスストアで見つけた中国人観光客向けの注意書きをフェイスブックで紹介し、話題になっている。写真はセブン‐イレブン(資料写真)。

Record China
2018年10月9日 16時20分
続きを読む

ランキング