Record China

ヘッドライン:

時速1000kmのリニア列車、発車間隔は3分強に1本―中国航天科工集団で開発、2020年までに核心技術を確立

配信日時:2018年10月12日(金) 22時20分
拡大
中国航天科工集団が最高時速1000キロメートルのリニアモーターカーの開発を進めている。発車間隔が200秒(3分20秒)に1本という地下鉄並みの運行本数にできることも特徴。2020年までに核心技術を開発するという。

1日付成都商報によると、中国航天科工集団が最高時速1000キロメートルのリニアモーターカーの開発を進めている。発車間隔が200秒(3分20秒)に1本と地下鉄並みにできることも特徴。2020年までに核心技術を開発するという。

真空状態にして空気抵抗をなくしたチューブの中で、浮上式のリニアモーターカーを走行させる。記事によると、同様の方式の超高速列車の開発を宣言しているのは米国企業2社と中国航天科工集団だけだ。同集団の磁気浮上・電磁推進技術総合部の王岩(ワン・イエン)氏は、計画が本格化したのは2017年と説明。列車の長さは29.2メートルで幅は3メートルと、基本形はすでに確定されたという。

王氏によると、2020年までの核心技術の確立を目指し、システム全体の実証試験を進める。加速度はあまり大きくしないので、乗客は背中を強く座席に押し付けられることもなく「さらに安全、さらに快適」な旅を享受できるという。

開発中の列車は中国語で「高速飛行列車」、英語では「T―flight(T―フライト)」と呼ばれている。(翻訳・編集/如月隼人

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

中国の商業型スペースシャトルが初飛行に成功

中国航天科技集団第一研究院が発表した情報によると、同研究院が開発を担当した長征2号丙ロケットが遠征1号S上段と協力し、9日10時43分03秒に酒泉衛星発射センターから遥感32号01組の衛星2基を同時に打ち上げ、正確に予定の軌道に乗せた。

人民網日本語版
2018年10月10日 19時0分
続きを読む

ランキング