時速1000kmのリニア列車、発車間隔は3分強に1本―中国航天科工集団で開発、2020年までに核心技術を確立

配信日時:2018年10月12日(金) 22時20分
時速1000kmのリニア列車、3分に1本発車―中国で技術確立中
画像ID  1032399
中国航天科工集団が最高時速1000キロメートルのリニアモーターカーの開発を進めている。発車間隔が200秒(3分20秒)に1本という地下鉄並みの運行本数にできることも特徴。2020年までに核心技術を開発するという。
1日付成都商報によると、中国航天科工集団が最高時速1000キロメートルのリニアモーターカーの開発を進めている。発車間隔が200秒(3分20秒)に1本と地下鉄並みにできることも特徴。2020年までに核心技術を開発するという。

真空状態にして空気抵抗をなくしたチューブの中で、浮上式のリニアモーターカーを走行させる。記事によると、同様の方式の超高速列車の開発を宣言しているのは米国企業2社と中国航天科工集団だけだ。同集団の磁気浮上・電磁推進技術総合部の王岩(ワン・イエン)氏は、計画が本格化したのは2017年と説明。列車の長さは29.2メートルで幅は3メートルと、基本形はすでに確定されたという。

王氏によると、2020年までの核心技術の確立を目指し、システム全体の実証試験を進める。加速度はあまり大きくしないので、乗客は背中を強く座席に押し付けられることもなく「さらに安全、さらに快適」な旅を享受できるという。

開発中の列車は中国語で「高速飛行列車」、英語では「T―flight(T―フライト)」と呼ばれている。(翻訳・編集/如月隼人
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Jac***** | (2018/10/13 11:55)

    列車の長さは29.2メートルで幅は3メートル 1両編成ですか!! そんな少人数の輸送手段に需要があるの
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sya***** | (2018/10/13 09:57)

    サブミクロンの加工技術を確立しないと、実現は出来ない。 サブミクロンとは1ミクロンの1/10だ。機械加工でこれが出来ないと、時速1000Kmを走らせることは出来ない。 悲惨な事故が毎日起こるだろう。 車の先進エンジンも作れない国が、時速1000Kmとはお笑いだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹楊***** | (2018/10/13 08:17)

    夢物語だな。 そんな高速で走ってる車両にリアルタイムで信号を送受信する技術ってあんの? 日本のリニア新幹線でもその通信技術にはかなり苦労したって話だしね 信号にラグが生じた時点でかなり危険な状態に陥るよ 温州の事故忘れたの? 先に書かれてますが、時速1000キロにもなったら停止距離なんて新幹線の比じゃなくなるんだから 先頭の1本がトラブルで停止した数秒後に信号を受け取っても後続が突っ込んでくる可能性が高いし 下手をすれば2・3本後ろのも突っ込んでくることも考えられるんだが? 衝突した後にチューブを突き破った車両がどれだけの広範囲に飛び出すか考えただけでも恐ろしいよ
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事