政府が日本などから美女を「輸入」して、結婚できない男性にあてがう―貴州省警察がデマ流した男2人を処罰

配信日時:2018年10月13日(土) 18時20分
政府が日本から美女「輸入」、独身男にあてがう=デマ散布で処罰
画像ID  1032370
貴州省安順市警察は11日、「政府が独身男性に対して、ロシアと日本から美女を『輸入』してあてがう」と主張する動画を配信したとして、男2人に3日間の行政拘留の処罰を科した。
中国メディアの新京報は11日、貴州省安順市公安局(安順市警察)が同日、インターネットを通じて「政府が独身男性に対して、ロシアと日本から美女を『輸入』してあてがう」と主張する動画を発信したとして、男2人に3日間の行政拘留の処罰を科したと報じた。

動画は、出演した男性2人に対してまず、「奥さんはいますか」と質問。2人が「いません」と答えると、撮影者側が「(地元)政府がロシアと日本から大量の美女を『輸入』して、未婚男性に配ります」と説明。さらに「携帯電話は常に電源を入れた状態にしておきなさい。政府から通知があった場合、すぐに受け取りに行かねばなりません」などと“アドバイス”したという。

中国では産児制限の影響で男児の出生率が異常に高くなり、男性の結婚が困難になりつつあるとされる。農村部住人や経済基盤のない男性ほど、結婚が難しいとされる。安順市警察によると問題の動画は、当局の貧困対策関係者が制作したと誤解される内容だったという。

警察は動画制作にかかわった者のうち、同市紫雲県猫営鎮に住む男2人の身柄を拘束した。2人の供述によると、ネットで似たような動画を見て、面白いと思ってまねをして制作してSNSの「友だち」に配信したという。

警察当局は治安管理処罰法第25条にもとづき、2人の行為は「虚偽の事実を散布して公共の秩序を故意に乱した」ものとして、行政拘留を科したという。行政拘留とは比較的軽微な違法行為に対して警察などが裁判なしで科すことのできる処罰。

処罰の理由となった動画は常識的に考えれば「ジョーク」であり、社会秩序に大きな混乱を引き起こすとは考えにくい。しかし中国当局はネットによるデマ拡散で、当局に対する信頼が低下することなどを強く警戒している。2人に「実刑」を科したことには一罰百戒の意図があったと解釈できる。(翻訳・編集/如月隼人
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • めん***** | (2018/10/15 23:08)

    まあ信じた奴は一人もいないよね?w 中国って一人っ子政策のせいで逆に捨てられた女の子が孤児院や施設にあふれかえってるじゃん。戸籍無い子とか。お家柄が第一なのか施設育ちは論外みたいにしてるから男余りみたいになってるんだよ。「女の子は捨てられる」なんて政策出した時から分かってたことなんだから、その子たちの補助を何とかしてあげてほしいわ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ハムス***** | (2018/10/13 22:17)

    大陸では、代々の王朝が超汚染から女性を輸入してました。 第五種補給品で検索すればわかります。 間違えたf(^_^;、貢女で検索願います。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事