Record China

ヘッドライン:

大使館の次は入管に成り済まし、在日中国人狙った詐欺に注意喚起―華字紙

配信日時:2018年10月12日(金) 9時50分
拡大
11日、中国僑網は、華字紙・中文導報が掲載した「在日中国人を狙った詐欺に入国管理局が注意喚起」との記事を取り上げた。写真は東京入国管理局。

2018年10月11日、中国僑網は、華字紙・中文導報が掲載した「在日中国人を狙った詐欺に入国管理局が注意喚起」との記事を取り上げた。

記事は「在日中国人を狙った振り込め詐欺が増加の勢いを見せている」と指摘し、中国大使館だけでなく入国管理局に成り済ますケースもあると説明。その上で、同局が職員を装う「振り込め詐欺」への注意を呼び掛ける通知を出したことを紹介した。

通知には「入国管理局の職員を名乗る外国人風の者から電話があり、『あなたの友人が入国審査で問題が見つかり、このままでは入国を許可できない。入国手続きに必要な金額をすぐに振り込んでください』と指示された」など、詐欺行為の例も記載されている。

記事によると、日本にある中国大使館にも在日中国人から「詐欺と思われる電話がかかってきた」との情報が多数寄せられているそうだ。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

まるで映画、警官隊が余興を装い結婚式披露宴に突入=摘発と気づかず抵抗なし、組織犯罪の容疑者140余人を拘束―深セン

南方日報など中国メディアは6日、広東省深セン市の宝安区検察院が最近になり、犯罪組織を構成・指導して多くの犯罪を行ったとして80人を起訴したと報じた。警察は結婚披露宴に余興を装って突入し、容疑者を大量検挙したという。

Record China
2018年9月9日 20時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング