惨敗の韓国女子バレーボール、大会直前に性的暴行事件が起きていた?=韓国ネットで不満続出

配信日時:2018年10月11日(木) 22時20分
惨敗の韓国女子バレー、大会直前に性的暴行事件が?=ネットで不満続出
画像ID  1032306
11日、韓国・スポーツソウルは、バレーボール・女子世界選手権で惨敗し、世論から「集中砲火」を浴びている韓国代表に、性的暴行疑惑が持ち上がったと報じた。
2018年10月11日、韓国・スポーツソウルは、バレーボール・女子世界選手権で惨敗し、世論から「集中砲火」を浴びている韓国代表に、性的暴行疑惑が持ち上がったと報じた。

記事によると、女子バレーボール韓国代表のAコーチは、同大会前に行われた地方での合宿中、選手村の宿舎で共に酒を飲んでいた女性トレーナーに性的暴行を加えようとした。宿舎を逃げ出した女性トレーナーは電話で知人に助けを求め、ソウルへ戻ったという。Aコーチは「酒に酔っていたため覚えていない」とし、容疑を否定している。

この事件は翌日に選手らにも広まり、大会直前にコーチが交代する事態に。混乱した状態で大会に臨んだ韓国代表は1勝4敗で予選落ちとなり、世論から厳しい批判を受けた。女子バレーボール韓国代表が世界選手権で1次リーグ敗退となったのは、参加国が24カ国に増えた1974年以降初めてのことだったという。

今回の事件について、記事は「バレーボール界だけでなく、代表選手の練習や管理・監督に対して責任を負う大韓体育会のシステムにも根本的な問題があることを示しているため、より深刻だ」とし、「韓国スポーツ界の恥ずべき実態が明らかになった」と指摘している。

また、専門家の多くは「女子バレーボール代表の没落は予想されていたものだった」との見方を示しているという。韓国では今回初めて選任監督制が導入されたが、監督を選任する過程で激しい派閥争いが起こった。そしてようやく選任されたチャ・ヘウォン監督と大韓バレーボール協会上層部との対立が、今回の事件の間接的な原因になったと、バレーボール界は見ているという。

これに、韓国のネットユーザーからは「覚えていないということはしたということ。交代だけで済ましてはいけない」「セクハラや暴力、交通事故の原因の多くが酒だ。『酔っていて覚えていない』との言葉を信じず、厳罰を科さなければ正常な社会にならない」など、Aコーチへの処罰を求める声が上がっている。

また監督への不満も多く、「誰が見てもひどい監督だった」「今回の事件に関係なく、監督を交代すべき。恥ずかしいほど無能」「協会は反省し、外国人監督を使って」などの意見が見られた。

その他「予選落ちは単に選手の実力不足だと思う」「その事件がなくても成績は同じだった。選手を全員変えるべき」「派閥争いを解決しなければ女子バレーは滅びる。今も客席はガラガラだ」などと指摘する声も出ている。(翻訳・編集/堂本
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事