「中国を15年リード」といわれる日本の潜水艦「おうりゅう」、その実力はいかほどか―中国メディア

配信日時:2018年10月11日(木) 16時30分
「中国を15年リード」といわれる日本の潜水艦「おうりゅう」、その実力は
画像ID  1032235
11日、参考消息は、進水式を終えた日本の潜水艦「おうりゅう」について、中国を15年リードしているという見方が日本国内から出ていると報じた。資料写真。
2018年10月11日、参考消息は、進水式を終えた日本の潜水艦「おうりゅう」について、「中国を15年リードしているという見方が日本国内から出ている」と報じた。

そうりゅう型潜水艦の11番艦であるおうりゅうは今月4日に三菱重工神戸造船所で進水式を行った。記事は、同潜水艦が世界で初めてリチウム電池を動力エネルギーとして採用していることから、日本のネットユーザーやメディアから「おうりゅうの技術レベルは中国の同クラス潜水艦よりも10~15年進んでいる」との評価が出ていると紹介し、「実際の状況はどうなのか」とした。

その上で「近年、リチウム電池技術が成熟し続けており、潜水艦の設計師も従来の鉛電池に代わってリチウム電池を利用しようと考え始めている。リチウム電池は鉛電池より体積が小さく、効率、容量が大きいほか、充電の時間が短いといったメリットを持つ。例えば、ドイツで開発中の216型潜水艦は、わずか2時間の充電で98時間の航続が可能だ」とリチウム電池搭載のメリットを紹介している。

一方で「強みはあるものの、リチウム電池は発火しやすい、衝突に弱いという大きな潜在的リスクも抱えている」と指摘。「おうりゅうに用いられているリチウム電池は、エチオピア航空のボーイング787型機が2013年に発火事故を起こした際に発火原因となったリチウム電池と同じ日本のメーカーが製造している。技術が改善されたのか、安全性が高まったのかは未知数だ」と論じた。

また、「技術的な面から言えば、おうりゅうにはパイオニア的な意味があるかもしれないが、『他国より10~15年リード』しているか判断するのは現時点では時期尚早だ。日本の海上自衛隊にとって、おうりゅうはテスト的な性質を持っているのは非常に明らかであり、外野としては服役から一定時間経過後に改めて評価を下しても遅くはない」とした。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/10/15 21:59)

    はっきり言ってそんな話日本国内で聞いた事も無い。 日本は第二次世界大戦以降は、それ程軍に関する何かを作ってきていない。 ただ潜水艦は、軍隊では無い次元で潜水艇を作っているので応用が利くだけ。 それを踏まえて泉水能力を自慢しているのかも知れないが、日本は中国の軍事的武器をそれ程知らないしそれ程比べたりしない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/10/11 20:03)

    >おうりゅうの技術レベルは中国の同クラス潜水艦よりも10~15年進んでいる 中国の潜水艦は『海中をダンプカーが走っている』と形容されるほど騒音を立てている。隠密行動に向かない潜水艦にどんな価値があるのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 禁断の***** | (2018/10/11 19:15)

    自分はあまり軍事に詳しくないからうまく言えないがとりあえず軍事技術は日進月歩でたくさんの国が一生懸命研究してるからいくら優秀な物を作れてもそれにあぐらをかかず頑張っていかなくてはならないってことは忘れずにいないといけない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事