2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本の専門学校で学ぶ外国人が増加、定員超過で退学のケースも―華字紙

配信日時:2018年10月14日(日) 6時20分
日本の専門学校で学ぶ外国人が増加、定員超過で退学のケースも
画像ID  1032117
日本の専門学校で学ぶ外国人学生が増えているが、定員を上回る学生を受けている悪質なケースもある。資料写真。
2018年10月10日、日本新華僑報によると、日本の大学や大学院に留学する外国人が増加する一方、専門学校で学ぶ外国人学生も増えているが、定員を上回る学生を受け入れてしまう専門学校もある。

日本のあるメディアによる調べでは、認可された専門学校のうち少なくとも72校で外国人学生の割合が90%を超え、さらにその中の35校では学生が全員外国人という状況にあるという。

9月には大阪の観光系専門学校(2年制)が定員を大幅に超える学生を受け入れていることが発覚した。しかも学生の一部は退学や帰国を余儀なくされる事態となった。多くはベトナムや中国から来た学生だった。退学したベトナム人7人は専門学校を相手に慰謝料などを求める訴訟を起こしている。

日本には専門学校が2400校余りあるが、139校で外国人学生の割合が50%を超えているという。日本への留学はアジア各国でブームとなっているが、留学先の学校選びは慎重に行う必要があると記事は指摘している。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/10/14 09:49)

    専門学校は大学や短大の〈すべり止め〉に受験することが多いので、合格しても入学しないことがある。そのため学校も定員を超えて合格にしているのだろう。しかし留学生は日本人とは入学の時期がずれているから、本来なら定員オーバーなんてないはずである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事