Record China

ヘッドライン:

日韓の電気自動車バッテリー競争、韓国が大きく出遅れるもネットは余裕しゃくしゃく?

配信日時:2018年10月11日(木) 7時40分
拡大
10日、韓国・電子新聞は、日韓の電気自動車用バッテリー競争で、韓国製シェアが過去最低を記録し、日本製に大きく引き離されたと報じた。資料写真。

2018年10月10日、韓国・電子新聞は、日韓の電気自動車用バッテリー競争で、韓国製シェアが過去最低を記録し、日本製に大きく引き離されたと報じた。

記事によると、テスラは先月、北米の電気自動車販売市場で過去最高となる67%のシェアを記録した。これにより、テスラのバッテリー供給先である日本のパナソニックも過去最高の販売実績を上げた。先月の北米市場における日本製バッテリーのシェアは93%。一方、韓国製は7%だった。韓国製シェアが1桁台を記録するのは初めてのことという。

業界関係者は「北米にテスラの競争モデルがないため、テスラの独走はしばらく続くとみられる。本格的な競争は、ベンツやアウディ、フォルクスワーゲン、現代起亜車などが新車を発表する来年になるだろう」と予想している。

これに、韓国のネットユーザーからは「過去の政府の間違った政策のせい」「これが日本の底力」「やっぱり国の力は無視できないね」など落胆する声が上がっている。

一方で「韓国が追い越すのも時間の問題」「バッテリーは性能改良が最優先。焦ったら負け」「本当の戦いは来年以降。最後には、資金も多くドイツ企業にバッテリーを供給する韓国企業が勝利する」「メジャーなメーカーが本格的に電気自動車の生産を開始する2020年には、韓国製バッテリーが掌握しているだろう」「世界の企業は、価格や品質の面で優れている韓国製バッテリーを採用せずにはいられないはず」など、前向きな声も数多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ついにソニー復活!盛り上がる日韓のプレミアムテレビ対決=韓国ネット「ソニーの判断は正しかった」「サムスンも早く…」

29日、韓国メディアは急成長を遂げる日本企業を「しばらくの間、存在感を失っていた日本製TVが今年に入って恐ろしいまでに復活している」と表現し、韓国企業との激烈な戦いの様子を伝えた。写真は中国のソニー販売店。

Record China
2017年8月31日 8時40分
続きを読む

19歳の“韓国のメッシ”「日本はライバルとは思わない」=韓国ネット「生意気発言ではなく事実」「欧州の選手が日本を気にするわけがない」

21日、「韓国のメッシ」と呼ばれ、U−20韓国代表でバルセロナBのFWイ・スンウ(19)が、現在韓国で行われているU−20ワールドカップで、日本をライバルとみていないことを明らかにした。資料写真。

Record China
2017年5月22日 16時0分
続きを読む

輸出力弱い韓国産キムチ、中国産に市場を奪われる―中国メディア

キムチは韓国の最も代表的な伝統的食材であり、韓国の人々の食卓にはいつも決まってキムチが並んでいる。ところが品質が高く価格の安い「メイド・イン・チャイナのキムチ」が韓国市場に一気に押し寄せ、韓国のキムチ貿易は2017年に過去最高の赤字を更新した。

人民網日本語版
2018年2月14日 14時0分
続きを読む

ランキング