日韓の電気自動車バッテリー競争、韓国が大きく出遅れるもネットは余裕しゃくしゃく?

配信日時:2018年10月11日(木) 7時40分
日韓の電気自動車バッテリー競争、大きく出遅れた韓国が余裕の訳
画像ID  1032071
10日、韓国・電子新聞は、日韓の電気自動車用バッテリー競争で、韓国製シェアが過去最低を記録し、日本製に大きく引き離されたと報じた。資料写真。
2018年10月10日、韓国・電子新聞は、日韓の電気自動車用バッテリー競争で、韓国製シェアが過去最低を記録し、日本製に大きく引き離されたと報じた。

記事によると、テスラは先月、北米の電気自動車販売市場で過去最高となる67%のシェアを記録した。これにより、テスラのバッテリー供給先である日本のパナソニックも過去最高の販売実績を上げた。先月の北米市場における日本製バッテリーのシェアは93%。一方、韓国製は7%だった。韓国製シェアが1桁台を記録するのは初めてのことという。

業界関係者は「北米にテスラの競争モデルがないため、テスラの独走はしばらく続くとみられる。本格的な競争は、ベンツやアウディ、フォルクスワーゲン、現代起亜車などが新車を発表する来年になるだろう」と予想している。

これに、韓国のネットユーザーからは「過去の政府の間違った政策のせい」「これが日本の底力」「やっぱり国の力は無視できないね」など落胆する声が上がっている。

一方で「韓国が追い越すのも時間の問題」「バッテリーは性能改良が最優先。焦ったら負け」「本当の戦いは来年以降。最後には、資金も多くドイツ企業にバッテリーを供給する韓国企業が勝利する」「メジャーなメーカーが本格的に電気自動車の生産を開始する2020年には、韓国製バッテリーが掌握しているだろう」「世界の企業は、価格や品質の面で優れている韓国製バッテリーを採用せずにはいられないはず」など、前向きな声も数多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事