2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

パキスタンがロシアからSu―35輸入か、中国のFC―1ではインドに対抗不能―中国メディア

配信日時:2018年10月11日(木) 5時10分
パキスタンがSu―35輸入か、中国のFC―1ではインドに対抗不能
画像ID  1032014
中国メディアの新浪網は10日、「パキスタンにロシアからSu―35導入の意向か、梟龍に頼るだけではインドに対抗不能」と題する記事を発表した。
中国メディアの新浪網は10日、「パキスタンにロシアからSu―35導入の意向か、梟龍に頼るだけではインドに対抗不能」と題する記事を発表した。

梟龍は中国とパキスタンが共同開発したFC―1戦闘機の中国側愛称。同機の開発は1980年代に始まった。米国は当初、文化大革命を終了させ改革開放政策を採用した中国に好意的で、戦闘機開発に協力したが、1989年の天安門事件(第2次)を受け、米国側は協力を打ち切った。そのため、中国はパキスタンから、同国が保有していた米戦闘機のF―16の情報を得てFC―1を完成させたとされる。中国にとってFC―1は輸出用であり、自国では運用していない。

新浪網は記事冒頭で、パキスタンがSu―35の一個中隊分の購入を希望して、ロシアと交渉しているとの見方があると紹介した。

その背景となるパキスタン空軍の現状については「よくない」と指摘。同国空軍は約800機を保有し、うち約520機が戦闘機だが、多くは中国のJ7―P(殲7P)、フランスのミラージュ3、ミラージュ5などで、就役してから20年以上が経過しているからだ。しかも、パキスタンと対立するインドでは、空軍がパキスタンの2倍程度の戦闘機を保有し、最新型の購入を継続している。

パキスタン保有の戦闘機の要となるのが70機のF―16だが、すでに老朽化しているという。米国は2016年2月にパキスタンにF―16を8機売却することを認めた。人員の訓練や搭載レーダーその他の設備も含めての売却だが、金額は6億9900万ドル(約790億円)と極めて高価だ。

パキスタンは2017年までに中国からFC―1を100機購入している。18年以降はさらに50機を購入との報道もある。これにより旧式機の多くは現役を退くと見られるが、軽戦闘機であるFC―1は輸出用モデルであり、総合能力はF―16に大きく引き離されているという。

パキスタン側からすれば、インド空軍が保有する230機のSu―30と、さらに先進的なフランスのラファールを圧倒する体制を構築したいところだ。中国はパキスタンの友好国であり、自らもインドと対抗関係にある。中国としてはパキスタンを支援したいところだが、自国が保有するSu―27やSu―30のシリーズはライセンスの関係でパキスタンに売却できない。また、売却できたとしても、インド空軍を圧倒できるとは限らないという。

中国は自軍用の戦闘機の開発に力を入れているが、それでもロシアからSu―35の輸入を行っている状態だ。だとすれば、パキスタンがSu―35の輸入を考慮することは自然な流れという。購入数がそれほど多くないとしても、インド空軍のラファール36機による脅威を大きく低減させることができる。

一方でインドは、フランスからラファールを購入しただけでなく、米国からF―16の生産ライン関連技術を導入する計画もあるという。戦闘機市場におけるインドの「西側接近」はロシアにとって「インド市場を失う恐れ」が出てきたことを意味する。そのため、ロシアも改めて、パキスタン市場に注目することになったという。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2018/10/11 12:26)

    インドさんブルーチームにようこそ。 パキスタンが戦闘機を購入する際の決め手となったのは、命を落とすならドッグファイトの過程でなのか、それとも初歩的な構造欠陥やつまんない整備不良で落とすのかを天秤にかけた結果なのは間違いない!!
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事