中国の商業型スペースシャトルが初飛行に成功

配信日時:2018年10月10日(水) 19時0分
画像ID 
中国航天科技集団第一研究院が発表した情報によると、同研究院が開発を担当した長征2号丙ロケットが遠征1号S上段と協力し、9日10時43分03秒に酒泉衛星発射センターから遥感32号01組の衛星2基を同時に打ち上げ、正確に予定の軌道に乗せた。科技日報が伝えた。

遠征1号S上段は今回が初飛行となり、長征2号丙ロケットとペアを組むのも今回が初めて。情報によると、高度700キロの太陽同期軌道における同ロケットの輸送能力は1.2トン前後だが、遠征1号S上段とペアを組むと2トン前後と大幅に増加する。

同研究院同ロケット・遠征1号S副総師の崔照雲氏によると、遠征1号Sは「遠征1号商業型上段」とも呼ばれ、遠征1号上段をベースに改良が施されている。主に短期間飛行任務に的を絞り設計された上段となっている。その飛行任務時間は短く、基礎部分から切り離されると直ちに点火・加速し、需要に基づき衛星を予定の軌道に送り込む。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<