2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国で相次ぐ愛国炎上騒動、今度は国歌をふざけて歌って通報される―中国メディア

配信日時:2018年10月10日(水) 17時50分
中国で相次ぐ愛国炎上騒動、今度は国歌をふざけて歌って通報される
画像ID  1031950
中国のストリーミングサイトでネットアイドルが「国歌をふざけて歌っている」と当局に通報された。中国では愛国炎上騒動が相次いでいる。
2018年10月9日、観察者網によると、中国のストリーミングサイト・虎牙(Huya)で、ネットアイドルの莉哥(リーガー)さんが愛国炎上騒動を起こした。

その他の写真

江蘇省のネット警察によると、9日夜、莉哥さんはストリーミング番組で中国国歌を歌ったが、視聴していたネットユーザーから「国歌をふざけて歌った」と当局に通報されたという。

中国には「中華人民共和国国歌法」があり、公共の場で国歌の言葉を勝手に替えて歌ったり、曲調を替えて演奏したりするなど、「国歌を侮辱する行為」が禁じられている。違反すると警告処分や15日以下の拘留となり、犯罪行為と見なされれば刑事責任を負うことになる。

莉哥さんは短編動画共有アプリ「TikTok」では4400万人ものフォロワーを持ち、虎牙でも200万人のフォロワーがおり、その影響力は小さくない。

同様の事案は過去にも起きており、ストリーミング番組の女性司会者が「南京大虐殺を冗談めかして話した」と通報され、活動を禁止されている。

中国ネットユーザーからは次のようなコメントが書き込まれている。

「国を誇りに思う気持ちがみじんも感じられない…」
「最低限の敬意は払うべきだろう」
「国歌である『義勇軍進行曲』には中国人の血と命がこもっている。もっと尊重すべきだ」
「どういう親に育てられたんだ?」

「活動禁止にされてしかるべきだ」
「活動禁止だけでは甘すぎるのでは?」
「法律に照らし合わせて厳しく処分すべきだ」

「きわどい表現で知名度を上げようとしているのだろうが、これはひどい」
「まったく聞いたこともない人だけど、フォロワーが4000万人を超えると知って驚いた」
「フォロワーの数もお金次第らしいからね…」
「中継を見ていたよ。歌詞は変えてないし、ふざけてもいなかった。おかしかったのはテロップだけ」(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事