巨額脱税の女優ファン・ビンビン、「謝罪文」は間違いだらけ!?早くも学校の教材に―中国

配信日時:2018年10月10日(水) 22時10分
ファン・ビンビン、「謝罪文」は間違いだらけ!?早くも学校の教材に
画像ID  1031897
9日、巨額脱税が明るみになった中国の女優ファン・ビンビンだが、今月3日に公開した謝罪文が早くも学校の教材に使用され、多数の間違いを指摘されている。写真はファン・ビンビン。
2018年10月9日、巨額脱税が明るみになった中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)だが、今月3日に公開した謝罪文が早くも学校の教材に使用され、多数の間違いを指摘されている。新浪が伝えた。

その他の写真

陰陽契約(二重契約)による巨額脱税のうわさが浮上し、3カ月以上も姿を消して話題になっていたファン・ビンビンについて、国税当局は今月3日、8億8400万元(約147億円)の罰金と追徴課税金の支払いを命じたことを明らかにした。

同じく3日、ファン・ビンビンは中国版ツイッター上で公式の謝罪文を公開。すでに30万回近くもシェアされるほど話題になり、早くも学校の教材に使用されていることが分かった。

ネット上に登場した中学校の教室を撮った写真を見ると、プロジェクターで映し出された謝罪文には、至るところに赤字を使った訂正が。文法や用語の間違いが指摘された部分は、計12カ所にも上る。

訂正箇所を見ると、「共産党と国家のよき政策なく、国民の皆様の愛護がなければ、ファン・ビンビンはありません」と書かれた一文には、「ファン・ビンビンは(生きている限り)存在する。ここは、“今のファン・ビンビンはありません”とすべき」などといった非常に細かい指摘もある。

ネットユーザーからは、「最近は大手メディアの記事でも文章の乱れがひどいが、謝罪文なのだから細心の注意を払うべき」との批判や、「口語をそのまま反映している箇所はあるが、そこまで大きな間違いではない」と擁護する意見など、多くの声が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事