Record China

ヘッドライン:

日本人学者がハングルを高く評価「音を文字に変えた驚くべき技術」=韓国ネットも共感「世宗大王にノーベル賞を」

配信日時:2018年10月10日(水) 22時30分
拡大
9日、韓国・中央日報は、「ハングルの特性と優秀さを認めている専門家」として日本の言語学者、野間秀樹さんを紹介し、インタビューを掲載した。資料写真。

韓国で「ハングルの日」を迎えた10月9日、韓国・中央日報は、「ハングルの特性と優秀さを認めている専門家」として日本の言語学者、野間秀樹さんを紹介し、電子メールでのインタビューを掲載した。

野間さんは2010年に出版した「ハングルの誕生 音から文字を創る」の中で「訓民正音解例本」に言及し、「発音器官の形を模して文字を創った」という内容に仰天したと述べている。ハングルを創った世宗(セジョン)大王についても、「単に賢明な君主ではなく、極限まで学ぼうとした偉大なる知性」だと評している。

インタビューで、野間さんは「ハングルの最も革新的な点は何か」という質問に「極めて論理的な構造でありながら、柔軟な用途を可能にした点」と答えた。自著の中で「ハングル創製当時、朝鮮の言語学はすでに現代言語学のレベルに達していた」と記述しているが、そのことについては、改めて「訓民正音を創った15世紀の正音学は、現代言語学が到達した『音素』という概念にほぼ到達していたとみることができる」と評した。

「ハングルは世宗大王が自ら創ったという説をどう思うか」との質問には、「少なくとも基本的な原理、構造、形態は、世宗大王の思想だと考える」と答え、「『訓民正音解例本』と『諺解本』の記述から、そのように判断できる」と説明した。

野間さんは美術家として活動していたが、ハングルの形態的側面に魅力を感じて言語学者になったという。そのことについての質問には、「もともと韓国語という言語に関心を持っていたが、『訓民正音解例本』を読んで深い感銘を受けた。本にも書いたように、空気の振動に過ぎなかった音を文字に変える瞬間をのぞき見ているような感動だった」と答えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「そのとおり。英語も中国語も、音そのものをハングルのように具体的には表現できないことが多い」「ハングルは表現力が最高だし、入力速度も最高だ」「世宗大王にノーベル科学賞を」「ハングルは韓民族最高の発明品であり、最高の国宝だ。崇礼門(南大門)が国宝1号なら、ハングルを国宝0号に指定すべき」などと称賛の言葉が寄せられている。また、「その偉大なハングルを変に省略したり、形を変えたりして、おとしめている現代人。反省します」などという声も見られた。(翻訳・編集/麻江)

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング