【募集中】韓国語社内スタッフ

中国で日本食レストランが大人気!2年で7割増加―中国メディア

配信日時:2019年5月4日(土) 16時0分
中国で日本食レストランが大人気!2年で7割増加―中国メディア
画像ID  1031748
中国メディアの東方網は2日付で、本食レストランが7割増加したと伝えた。資料写真。
中国メディアの東方網は2019年5月2日付で、中国で日本食レストランが7割増加したと伝えた。

記事は、農林水産省と外務省の調査によると、17年にアジアの日本食レストラン数は15年比で2万4000店増、13年比では2.5倍の約7万店に達し、世界全体の約6割を占めたと紹介。中でも、中国国内での増加率が最も高く、15年は約2万3000店だったが17年には4万店以上となり、増加率は7割を超えたと伝えた。上海だけで3257店あるという。

こうした傾向について記事は、「中国の経済レベルと人々の生活レベルの向上に伴い、日本料理はそのオリジナル性によって中国で急速に発展している」と分析。しかし、「日本料理に対する関心が高くなるにつれ、中国人の日本料理に対する要求も高くなっている」と論じた。

記事は、「中国人の日本料理に対する要求」には「食材のほかに料理人の腕」も含まれると紹介た上で、「中国国内には日本料理を学べる場所や方法に限界がある。専門の教育機関が少なく、多くの料理人が正当な日本料理の訓練を受けていない」と指摘。「日本料理の理念と文化に対する理解が不足しており、玉石混交(優れたものと劣っているものが混ざっている状態)で、日本食レストランの長期的な発展に影響を与えるだろう」と論じた。

記事はさらに、中国での「日本料理の問題」に対処するため、NPO法人の「日本料理アカデミー」が中国で重要な役割りを果たしていると紹介。中国人の日本料理人や日本料理愛好者、及び供給業者などに日本料理に関する情報やサービスを提供しているという。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Jen***** | (2019/05/04 23:52)

    中国人もコリアンも、「儲け第一主義」なのは同じ。 目先の利益に走り、日本の「お客様第一主義」とは真逆である。 日本料理の神髄も知らず、 日本のおもてなしの心も理解していないこいつらが、 「日本料理がブームだから」 「日本に行って日本料理が気に入ったから」 と言う、安易な理由で日本料理店を開店させている。 よって、「なんちゃって日本料理店」 が急増しているのはゆゆしき問題だと、 日本政府はもちろん、多くの日本国民も思って来たよね。 だから、2018年から農林水産省が 「日本料理の<調理技能認定制度>」を設け、 料理人の認定を開始したのだが、追いつかないのだろう。 非常に良い事だと思う。 日本に来た外国人旅行者が、 「自国で食べた〇〇とは全然違う」 と言う言葉を吐くたび、一体どんなものを出しているのかと ぞっとしていたからさ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2019/05/04 20:44)

    中国人に、日本料理の奥深さなど知ってもらわなくて結構です!。 心配なのは、エセ日本料理が蔓延して、他国の観光客が訪れた際、あらぬ誤解を受けることだ!。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/05/04 18:02)

    写真を見る限りワサビの量が多すぎるようだ。きっと料理人は日本人でなく、また日本人から指導を受けたこともないはずだ。これでは刺身がワサビの味だけになってしまう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事