Record China

ヘッドライン:

日本で台風と地震に遭った中国人が抱いた違和感―中国紙

配信日時:2018年10月9日(火) 21時20分
拡大
9日、斉魯晩報は、日本で台風21号の襲来と北海道の大地震を経験した中国人観光客の手記を掲載した。写真は山梨県山中湖村。

2018年10月9日、斉魯晩報は、日本で台風21号の襲来と北海道の大地震を経験した中国人観光客の手記を掲載した。以下はその概要。

日本を旅行していた3週間で、大きな台風と地震に遭遇した。大阪を離れて富士山麓の山中湖に到着した翌日に台風21号が大阪を直撃し、秋葉原のホテルで寝ていた際に北海道でマグニチュード7.0の地震が起きたのだ。

台風が大阪に襲来した日、日本のテレビ局は絶えず台風の進路や危険性について報じていた。そして、台風が上陸した大阪の埋め立て地にある関西空港では、滑走路が高波により浸水したほか、タンカーが連絡橋に衝突して自動車と鉄道の陸路輸送が一時寸断された。これにより、空港が孤島状態になったという情報が広く中国のネット上で流れていたが、実際には台風が過ぎ去った後の早い段階で、空港に取り残されていた利用客のバス輸送が始まっていたようだ。

宿泊していた山中湖では台風の接近に伴って風雨が強くなった。すると村では十数分おきに大きなスピーカーで「外出しないように、特に山に登ったり湖に入ったりしないように」との放送が流れた。翌朝、村の放送が再び流れ、台風が過ぎ去ったことが住民に知らされた。コンビニで新聞を立ち読みしたところ、台風に関する記事は非常にシンプルだった。おそらく、日本人はこのようなことを多分に経験しているからなのだろう。そして自分の生活を続けることこそが一番大事だと考えているのだ。

9月6日早朝、ホテルで寝ていると友人から「日本で大地震が発生したが、どこにいるのか」とのメッセージが届いた。寝ぼけまなこでテレビをつけて、北海道で大きな地震が起きたことをようやく知った。テレビは地震関連のニュースを流し続け、断水、停電、空港や電車の運行状況、余震の確率などについて伝えていた。

しかし翌日、コンビニで再び新聞を立ち読みしてみると、地震関連の写真や記事は少なく、現場の惨状や、感動の救出場面を見ることはできなかった。友人から「今の日本の状況はどうだ」と聞かれたが、一切がいつも通りだった。確かに、自分は観光客として災害発生後における日本の真の姿を見ることは難しかった。

立て続けに発生した天災による損害の大きさは想像に難くないが、日本の当局やメディアは家屋の倒壊数や道路の破損延長、農作物の被害に関する具体的な数字を遅々として発表せず。発表されたのは北海道地震で42人が死亡したという数字くらいだった。日本人は、人の命に比べればその他の経済損失は取るに足らないものだと考えているのだろうか。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

中国ネタにも冷静にコメントする日本のネットユーザーに中国人驚き=「偉大な国だ」「何も言えなくなった」

29日、台風で被災した中国福建省アモイで、地元テレビ局の女性記者がサングラスに日傘を差して被災者を取材する様子が問題となった騒動について、中国の掲示板では日本のネットユーザーの見方が紹介された。写真はアモイテレビの女性記者。

Record China
2016年10月2日 19時50分
続きを読む

「日本語が全然わかりませんが…」=声をかけてきた青年は震災復興支援ソングを大声で歌った―中国人学生

作文コンクールを主催する日本僑報社・日中交流研究所は、2017年の国交正常化45周年を記念して、中国で初めての「日本語の日」の創設を検討している。そんな「日本語の日」に何ができるか。河北工業大学の宋妍さんは作文につづっている。

日本僑報社
2018年5月27日 16時10分
続きを読む

ランキング