なぜ日本では実店舗が優勢で、中国では通販サイトが優勢なのか―中国ネット

配信日時:2018年10月9日(火) 9時10分
なぜ日本では実店舗が優勢で、中国では通販サイトが優勢なのか―中国ネット
画像ID  1031491
7日、中国経済網はこのほど、「なぜ日本では実店舗が通販サイトより優勢で、中国では通販サイトが実店舗より優勢なのか」とする記事を掲載した。資料写真。
2018年10月7日、中国経済網はこのほど、「なぜ日本では実店舗が通販サイトより優勢で、中国では通販サイトが実店舗より優勢なのか」とする記事を掲載した。

記事は「中国の通販サイトの盛り上がりに比べて、日本は温度が低いように見える。大阪の繁華街は休日になると買い物客でごった返す。買い物天国の東京は言うまでもない。なぜ日本の実店舗はネット通販の衝撃に耐えることができるのか」とし、そのいくつかの理由として、「日本の実店舗は商品の質が保証されていること」「日本の実店舗は人に優しいサービスが際立っていること」「日本人は価格よりも買い物という体験自体を重視する傾向があること」「価格重視の中国人は、実店舗より価格が安い場合が多い通販サイトを愛用する傾向があること」などを挙げた。

この記事について、中国のネットユーザーからは「実店舗に行かない理由は、駐車に苦労するから」「中国はテナント料が高すぎる。店を出そうと思ってもハードルが高い」「通販サイトでは偽物をつかまされる危険性がある」「中国ではまだまだ態度が横柄な店員が多い」「中国国内のユニクロや無印良品に行けば、なぜ日本人が実店舗を好むのかよく分かる」などの声が挙がっていた。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事