Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>日本よ、政治大国になりたいなら「3つの持病」を治すのが先だ―中国国営メディア

配信日時:2012年10月3日(水) 12時1分
拡大
30日、中国国営メディアは、日本は尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題で露呈した「3つの持病」を治さない限り、政治大国になるという夢がかなうことはないと論じた。写真は3月、北京で行われた「日本の東北民俗芸能と鬼太鼓座&Musicians」。
(1/8枚)

2012年9月30日、中国国営の新華社通信(電子版)は、日本は尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題で露呈した「3つの持病」を治さない限り、政治大国になるという夢がかなうことはないと論じた。以下はその内容。

その他の写真

日本は経済が飛躍的に発展した1980年半ばから、政治大国になることを目標とし、特にここ数年は国連安保理の常任理事国入りを声高に求めている。だが、釣魚島(尖閣諸島)問題で世界中が日本の本性を知ってしまった。日本は他国の領土を無理やり占拠し、史実を無視した上に、いかにも自分たちに理があるように振る舞っている。

だが、実はこうした強硬姿勢は日本の抱える「3つの持病」をあますところなく露呈する結果となった。日本はこの頑固な持病を治さない限り、政治大国になる夢など到底かなわない。

「3つの持病」の1つ目は、侵略の歴史に対して心からの反省をしていないこと。釣魚島(尖閣諸島)は第2次大戦中にアジアの多くの国を侵略するという蛮行を犯した当時の日本の「戦利品」。本来であれば早々に返還しなければならないものだ。それなのに「国有化」まで宣言するとは。これでは世界中の人々から信頼されるわけがない。

2つ目は、外交政策のダブルスタンダードである。日本はアジア諸国には強気の姿勢なのに、一部の国には媚びへつらっている。ある大国の顔色を伺い、その意向に合わせることで、ご褒美として自国を守ってもらおうという魂胆らしい。だが、こんな国に責任のある対話ができるのか?

3つ目は、視野の狭い「島国根性」だ。世界には多くの島国があるが、その大半は平和を愛し、隣国とも仲良くやっている。土地が狭く、資源も乏しい島国はそうしなければ生き残っていけない。だが、日本はなぜか「他国を侵略すればいい」と考えた。1930年代、日本はアジアを征服しようと思い立ち、真っ先に中国を侵略したが、最後には惨敗した。

終戦後、国際情勢が劇的に変化すると、日本の狭隘(きょうあい)なナショナリズムと「島国根性」がまた顔を出してきた。日本は中国の台頭を脅威とみなして何かにつけてはあつれきを生み出し、中日関係を危機的状況に追い込んでいる。

だが、日本は覚えておくがいい。国連のモットーと任務は「世界の平和と安全の維持」と「侵略行為の阻止」だ。日本のように侵略戦争の歴史を反省もせず、今もなお隣国の領土を占拠し続けている国が、国連安保理でどうやって平和を維持するというのか?日本よ、政治大国になりたいのなら、まずは己の持病を治すことから始めることだ。(翻訳・編集/NN)

関連記事

野田改造内閣が発足、自民党新執行部も合わせて「タカ派」だらけに―中国メディア

1日、中国メディアは、野田佳彦第3次改造内閣について、「支持率アップと政権の延命」だけを目的としたものだと指摘。田中真紀子氏の入閣も「中日関係の修復にはつながらない」と一蹴した。写真は野田改造内閣の発足を伝える中国メディア。

Record China
2012年10月2日 20時31分
続きを読む

ランキング