Record China

ヘッドライン:

敗戦国が戦勝国・中国の領土を盗むのか=日本の弱みをついた中国の新論理―香港メディア

配信日時:2012年10月2日(火) 13時21分
拡大
28日、香港・中央通訊社は、尖閣問題について中国が示した新たな発想は日本の急所をついたと評している。写真は9月18日、「九一八事変」(柳条湖事件)の記念日。済南市の共産主義青年団が「9・18」の人文字を作った。
(1/2枚)

2012年9月28日、香港・中央通訊社は、尖閣問題について中国が示した新たな発想は日本の急所をついたと評している。

その他の写真

26日、野田佳彦首相は国連大会及びその後の記者会見で領土問題について発言した。翌27日、中国外交部の秦剛(チン・ガン)報道官は「敗戦国が戦勝国の領土を占領しようとは、一体どういう道理だろうか?」と発言した。

秦報道官の発言はまさに日本の弱みをつくものだろう。中国は、日本が第二次世界大戦、すなわち反ファシズム戦争の結果をくつがえそうとするものであることを国際社会に訴え、支持を獲得するべきだ。同時に、日本の尖閣諸島実効支配を打ち砕く実質的行動も推進するべきだ。この二つの方法を通じて尖閣諸島を取り戻すべきだろう。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング