2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本代表FW武藤嘉紀、マンU相手にプレミア初ゴール!彼こそアジアの「武球王」だ!―中国メディア

配信日時:2018年10月8日(月) 13時20分
日本代表FW武藤嘉紀、マンU相手にプレミア初ゴール!
画像ID  1031358
7日、鳳凰網は、英サッカープレミアリーグのニューカッスルに所属するFW武藤嘉紀が、マンチェスター・ユナイテッド戦で移籍後初ゴールを決めたことを報じた。写真は武藤。
2018年10月7日、鳳凰網は、英サッカープレミアリーグのニューカッスルに所属するFW武藤嘉紀が、マンチェスター・ユナイテッド戦で移籍後初ゴールを決めたことを報じた。

記事は「現役の日本代表FWである武藤は2015年にドイツ・ブンデスリーガのマインツに加入して活躍し、徐々に名声を高めた。そして今年のワールドカップロシア大会では主力のFWとして先発し、日本をベスト16の好成績に導いた。これにより武藤は英プレミアクラブから注目され、950万ポンドでニューカッスルに移籍した」と紹介した。

そして、加入後は交代要因として限られた出場時間の中で速やかに適応していき、6日のマンU戦でデビュー後初先発を果たすと、起用したベニトス監督の期待に早速プレーで応え、前半9分に相手ペナルティエリア内中央からパスを受けると2人のディフェンダーをかわして左足でシュートを放ってゴールを決めたと伝えた。

記事は「ボールを持ってからシュートまでの動作が非常に流ちょうである」とそのプレーを評価。しかし試合は武藤のゴールで2点をリードしながらマンUに大逆転を喫し、勝ち点を得ることはできなかったのが残念だとした。

中国では上海上港の中国代表FW武磊(ウー・レイ)のことをサポーターが「武球王」と呼んでいるという。記事は「その価値や人気から、武藤の方がもっとこの称号にふさわしい」と評している。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事