Record China

ヘッドライン:

「ザ・ヴォイス」台湾版が放送決定!ジェイ・チョウやアーメイを「師匠に」の声―台湾

配信日時:2012年10月2日(火) 12時37分
拡大
1日、音楽オーディション番組「中国好声音(ボイス・オブ・チャイナ)」の台湾バージョンが、来年4月にスタート。挑戦者を率いる4人の先生の人選が、早くも注目されている。写真はジョナサン・リー(左)とルオ・ダーヨウ(右)。
(1/8枚)

2012年10月1日、世界各国で大成功を収めた音楽オーディション番組「ザ・ヴォイス」が、台湾でも来年4月にスタートすることがわかった。挑戦者を率いる4人の先生の人選が、早くも注目されている。聯合報が伝えた。

その他の写真

2010年にオランダで放送され、すでに世界各国がフォーマットしている「ザ・ヴォイス」。今年7月から中国でも「中国好声音(ボイス・オブ・チャイナ)」として放映を開始し、一大ブームを巻き起こした。フィナーレの回だけで1億元(約12億4000万円)を超えるCM収入を稼ぎ出したことも話題だ。続いて、来年4月からは台湾版の放送が決定。衛視電影台(STAR Chinese Movies)が制作を手がける。

「中国好声音」では、4人の著名音楽人が挑戦者たちの“師匠”となり、対抗バトルが行われた。台湾版で“師匠”役に選ばれるのは誰なのかが、話題の焦点となっている。番組プロデューサーは、「ジョナサン・リー(李宗盛)とルオ・ダーヨウ(羅大佑)はぜひ招きたい」と、台湾を代表する大物アーティストの名前を挙げている。インターネット上では、人気アーティストのジェイ・チョウ(周杰倫)やアーメイ(張恵妹)、SHOW(ショウ・ルオ/羅志祥)らを望む声が聞かれているが、番組側はキャスティングが確定するまで、これに関することは一切公開しないと話している。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

<特集・C-POP男性歌手列伝7>「中華R&B」確立した希代のソングライター―ジェイ・チョウ

90年代初頭の「四大天王」台頭から、現在の創作系R&B歌手ブームまで、香港・台湾の代表的な実力派男性歌手らを紹介しながら、C-POPの歴史を紐解く。第7回は、「中国オリジナル」のRAPとR&Bを確立したソングライター、ジェイ・チョウ。

Record China
2009年1月26日 18時35分
続きを読む

ランキング