2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本人の長寿の秘訣は食物の多様性にある―中国メディア

配信日時:2018年10月8日(月) 5時10分
日本人の長寿の秘訣は食物の多様性にある―中国メディア
画像ID  1031299
7日、食品資訊中心は、日本人の長寿の秘訣は食物の多様性にあると紹介する記事を掲載した。資料写真。
2018年10月7日、食品資訊中心は、日本人の長寿の秘訣は食物の多様性にあると紹介する記事を掲載した。

記事は、「最近、名古屋学芸大学健康栄養研究所の所長である下方浩史教授とその研究グループが、国連の食物供給量のデータなどから、人口100万人以上の世界137カ国の食品の多様性についてスコア化して計算した」と紹介。その結果、上位3位は順にニュージーランド、日本、スペインとなったという。

この結果と健康寿命ランキング(日本73.6歳、スペイン71.9歳、スイスとイタリア71.7歳)とを総合して考慮すると、「食品の多様性が高いほど健康寿命が長い傾向にあり、平均寿命と健康寿命の差である『不健康な期間』の割合も小さい傾向にあることが分かった」という。

下方教授は「食材の種類が少ないと摂取栄養素に偏りが生じやすく、多彩な食材を摂取することが栄養素の充足につながり、疾患を予防しているのではないか」と述べている。

記事は、「中国国民の食習慣には『偏食』現象が存在するだけでなく、栄養不良と栄養過剰の両極化が見られる。これは生活習慣病の原因となるだけでなく、健康寿命にも影響を及ぼす」と伝えた。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事