Record China

ヘッドライン:

21世紀は米中の人工知能開発競争の時代―スペイン紙

配信日時:2018年10月8日(月) 6時40分
拡大
6日、スペインのエル・パイス紙はこのほど、「20世紀が米国とソ連の宇宙開発競争の時代であるなら、21世紀は米国と中国の人工知能(AI)開発競争の時代だ」と報じた。

2018年10月6日、中国紙・参考消息(電子版)によると、スペインのエル・パイス紙は9月29日、「20世紀が米国とソ連の宇宙開発競争の時代であるなら、21世紀は米国と中国の人工知能(AI)開発競争の時代だ」と報じた。

記事は、「米国と中国は数十年にわたって持ちつ持たれつの関係にあったが、『世界の工場』と呼ばれた中国はもはや安価な商品だけを作る存在ではなくなり、ハイテクを駆使した商品で世界をリードするようになり、対立や競争が深まりつつある」とした。

続けて、「現在の中国の工場では最先端の顔認識システムが生産されており、買い物は市場(いちば)でさえもモバイル決済のシステムが普及している。その中国が力を注いでいるのがAI開発だ。中国では17年夏、30年までに世界に先駆ける次世代AIの開発を達成する計画が発表された」とした。

そして、「バイドゥ、アリババ、テンセントの3大ネットワークサービス企業を擁する中国は、AI開発の分野で優位にある。それでも現時点では米国のほうが優勢だ。だが米国は中国の台頭を強く警戒している」と伝えた。(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング