Record China

ヘッドライン:

米軍事力指標2019、「最大の脅威」に中露=「中国の行為には侵略性」と指摘―米メディア

配信日時:2018年10月7日(日) 7時10分
拡大
5日、米ボイス・オブ・アメリカは、2019年も米国にとって中国とロシアが最大の脅威となると伝えた。

2018年10月5日、米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は、2019年も米国にとって中国とロシアが最大の脅威となると伝えた。

記事は、米ヘリテージ財団が4日、「米国軍事力指標2019」を発表したことを紹介。これは、米国の軍事力や米軍が世界各地で任務を遂行する能力、及び米国の利益にとっての最大の脅威に関する評価とされる。

この報告では、米国は引き続き「6大脅威」に面していると指摘。それは、ロシア、中国、イラン、北朝鮮、中東、アフガニスタンのテロ組織。このうちロシアと中国は引き続き米国にとって「最大の憂慮」であり、事実上、ロシアと中国が米国に与える脅威の評価はさらに上昇したとされている。

ロシアと中国の脅威は、主に「軍事力の継続的な現代化と拡張し続けている攻撃性軍事力」からきているという。報告は「ロシアは引き続きウクライナでの衝突に介入しており、バルト海においてもますます強硬姿勢となっている。中国による挑発行為は続いており、南シナ海の争論となっている国際海域の島で実質的な軍事化を継続しており、軍事力によって日本やフィリピンなどの国を威嚇し、その他の国を『いじめ』ている」と指摘。「中国の能力は強大(formidable)で、中国の行為には侵略性がある」と分析している。

また、「中国はアジアにおいて、米国に対する安全面での全面的な脅威となっている」と指摘。「米国のアジア地区における三大重要利益の分野(国土安全、地域戦争及び国際公共財)のいずれに対しても脅威となっている」としている。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

米FBI長官「中国スパイへの対策が最優先任務」―中国メディア「わが国の台頭に焦っている」

米FBIレイ長官がテレビ局のインタビュー取材に応じて「中国はFBIにとって、対諜報活動の最優先問題だ」などと述べた。中国メディアの中国新聞網は同発言について「中国の台頭に強く焦っている」などの論評を紹介する記事を掲載した。

Record China
2018年9月16日 10時0分
続きを読む

米国、中国による中間選挙への介入に懸念=中国紙反発「大衆の注意をそらそうとするもの」

20日、中国紙・環球時報は、今秋行われる米中間選挙をめぐり、トランプ政権がロシアと同様に中国なども介入しようとしていると懸念を示したことについて、「大衆の注意を中国脅威論の方へとそらそうとするのが、トランプ氏の目的だ」と報じた。写真はホワイトハウス。

Record China
2018年8月21日 5時50分
続きを読む

ランキング