米軍事力指標2019、「最大の脅威」に中露=「中国の行為には侵略性」と指摘―米メディア

配信日時:2018年10月7日(日) 7時10分
米軍事力指標2019、「最大の脅威」と位置付けられたのは…
画像ID  1030932
5日、米ボイス・オブ・アメリカは、2019年も米国にとって中国とロシアが最大の脅威となると伝えた。
2018年10月5日、米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は、2019年も米国にとって中国とロシアが最大の脅威となると伝えた。

記事は、米ヘリテージ財団が4日、「米国軍事力指標2019」を発表したことを紹介。これは、米国の軍事力や米軍が世界各地で任務を遂行する能力、及び米国の利益にとっての最大の脅威に関する評価とされる。

この報告では、米国は引き続き「6大脅威」に面していると指摘。それは、ロシア、中国、イラン、北朝鮮、中東、アフガニスタンのテロ組織。このうちロシアと中国は引き続き米国にとって「最大の憂慮」であり、事実上、ロシアと中国が米国に与える脅威の評価はさらに上昇したとされている。

ロシアと中国の脅威は、主に「軍事力の継続的な現代化と拡張し続けている攻撃性軍事力」からきているという。報告は「ロシアは引き続きウクライナでの衝突に介入しており、バルト海においてもますます強硬姿勢となっている。中国による挑発行為は続いており、南シナ海の争論となっている国際海域の島で実質的な軍事化を継続しており、軍事力によって日本やフィリピンなどの国を威嚇し、その他の国を『いじめ』ている」と指摘。「中国の能力は強大(formidable)で、中国の行為には侵略性がある」と分析している。

また、「中国はアジアにおいて、米国に対する安全面での全面的な脅威となっている」と指摘。「米国のアジア地区における三大重要利益の分野(国土安全、地域戦争及び国際公共財)のいずれに対しても脅威となっている」としている。(翻訳・編集/山中)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/10/07 09:44)

    >中国の能力は強大(formidable)で、中国の行為には侵略性がある 『中国はこれまで一度も他国を侵略したことがない』。日本の政治家にもこの言葉を引用して〈親中政策〉を推し進めたものがいた。自分の誤りを認めるのか、米国の認識が間違っていると開き直るのか、どちらだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事