2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

重みに耐えかね橋ぐにゃり、国慶節連休で鈴なりの行楽客で=応急修理で翌日には営業再開―広東省

配信日時:2018年10月5日(金) 19時40分
重みに耐えかね橋ぐにゃり、国慶節連休で鈴なりの行楽客で―広東省
画像ID  1030720
広東省仏山市内の観光地、緑沙島で3日、遊歩道橋が折れる事故が発生した。国慶節に伴う連休中で、橋は見物の行楽客で鈴なり状態だった。管理側は応急修理を施して、翌4日には営業を再開した。
広東省仏山市内の観光地、緑沙島で3日、遊歩道橋が折れる事故が発生した。国慶節(建国記念日)に伴う連休中で、ドラゴンボートのレースが開催されるため、橋は見物の行楽客で鈴なり状態だった。管理側は応急修理を施して、翌4日には営業を再開した。動画ニュースサイトの看看新聞などが伝えた。

その他の写真

橋の一部がV字型にぐにゃりと折れ、水面近くまで下がった。幸いなことに橋桁は 断裂しなかったので転落する人はなく、けが人も出なかったという。

中国では連休中など行楽客が増えるシーズンに、遊歩道橋が折れる事故が時折発生している。つり橋の場合には、行楽客がふざけて橋を揺すったために、重量を支えるワイヤが切れて橋が落下したこともある。

緑沙島の管理関係者は4日になり、「昨日はドラゴンボースレースがあるので、橋上の行楽客が多過ぎました。私どもの橋に問題はありません。一部の人が大げさに言っているだけです。昨日中に修理を終え、本日は正常に営業しています」と説明したという。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事