Record China

ヘッドライン:

<反日デモ>江沢民、胡錦濤、習近平……誰が暴徒化デモの主導者なのか?―米華字メディア

配信日時:2012年9月29日(土) 13時46分
拡大
24日、米華字ニュースサイト・博訊網は、陳維健氏のコラム「誰が反日を同胞への暴行にしたのか」を掲載した。写真は27日、河北省石家庄市で国慶節を記念して重量300キロ超の巨大な中国国旗が掲げられた。
(1/5枚)

2012年9月24日、米華字ニュースサイト・博訊網は、陳維健(チェン・ウェイジエン)氏のコラム「誰が反日を同胞への暴行にしたのか」を掲載した。

その他の写真

「愛国」に名を借りた暴行・破壊・略奪は9月18日で終わった。しかし具体的な事件については今、ようやく知られるようになったばかりだ。西安市では日本車に乗っていたとして殴打され頭蓋骨骨折の重傷を負った男性がいる。北京市では80歳の老人が毛沢東を罵ったとして左派の大学教授に平手打ちされた。

同胞を暴行するに至った反日デモについて考える時、押さえておかなければならないのは中国には基本的にデモの自由がないということ。社会秩序維持を第一にしている中国政府がデモを野放しにしたのはなぜか。地方政府がデモを許し、そればかりか私服警官が破壊行為に加わっていたことはほぼ確実だろう。強制土地収用の事例を考えれば、警官が暴行に直接加担するのは珍しい話ではない。

また、デモが全国的な規模であったこと、警察・司法、宣伝、外交の3部門の協力が必要だったことから考えれば、江沢民派、胡錦濤派、習近平派のいずれかの勢力が主導したことは明らかだ。我々は誰が首謀者であったのか暴かなければならないし、呼び掛け一つで義和団、文革の時代に戻ってしまう中国人の国民性を反省しなければならない。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<尖閣問題>”冷静な反日行動“呼び掛けると売国奴呼ばわり=それは真の「愛国」か―中国紙

25日、日本への抗議活動が広がる中国では、愛国心について自分と異なる意見を持つ人を「漢奸(裏切り者)」と呼び、理不尽に攻撃する人たちが増えているという。写真は反日デモで「売国奴」と決め付けた同業男性をビンタした北京の大学教授、韓徳強氏。

Record China
2012年9月26日 10時55分
続きを読む

<反日デモ>修繕費が高すぎるから?!上海の日本領事館が無事だった理由―中国

20日、ウォール・ストリート・ジャーナル中国語版は記事「上海の日本領事館が守られたのは修繕費が高いため?」を掲載した。北京の大使館、広州、瀋陽の領事館が破壊行為の被害を受けたにもかかわらず、上海だけが無事だった。写真は在上海日本総領事館。

Record China
2012年9月23日 17時14分
続きを読む

ランキング