【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

「朝鮮半島の平和を脅かす国」、韓国人の約半数が選んだのは…―韓国紙

配信日時:2018年10月5日(金) 7時20分
意外!?「朝鮮半島の平和を脅かす国」、韓国人の約半数が選んだのは…
画像ID  1030599
3日、米華字メディア・多維新聞は、ソウル大学が実施した世論調査に参加した韓国人の半数が「朝鮮半島の平和にとって最大の脅威は中国」と回答したとする、韓国の報道を伝えた。資料写真。
2018年10月3日、米華字メディア・多維新聞は、ソウル大学が実施した世論調査に参加した韓国人の半数が「朝鮮半島の平和にとって最大の脅威は中国」と回答したとする、韓国の報道を伝えた。

韓国・朝鮮日報は2日、ソウル大学統一平和研究所が発表した世論調査結果で、「周辺国の中で、朝鮮半島の平和を最も脅かす国は」との質問に対して46.4%の韓国市民が「中国」と答え、「北朝鮮」の32.8%を上回ったことが明らかになったと報じた。

また「周辺国の中で、最も親密な国は」との質問で「中国」と答えた人の割合は3.7%に留まり、同研究所が2007年に調査を開始して以降最低の数字となったという。

昨年の調査では63.7%が「朝鮮半島の平和にとって最大の脅威は北朝鮮」と回答しており、わずか1年で韓国市民の民意に顕著な変化が生じたことがうかがえる。

この結果について同研究所の研究員は「2016年にTHAAD(高高度防衛ミサイル)を配備して以降、中国は経済的な報復を続けており、韓国人の対中意識にネガティブな影響を与えている」と分析した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/02/13 13:03)

    トランプ大統領の出現は、東アジアが”裸の王様”であることを関係国のすべてに認識させた。ソ連の崩壊後は東アジアの潜在的脅威が中国であることは世界を虚心坦懐に観れば分かることであったが、鄧小平の “韜光養晦” (経済発展を 最優先し海外との摩擦は最小限に抑え平和を求める)を悪いことは考えたくないので世界は中国を”平和勢力”との自己欺瞞に陥っていた。日本が周辺国を侵略する能力も意志もないことを分かっていながら、第二次大戦で戦った米国や周辺国さらには日本自身も日本を潜在的脅威とすることで、極東の秩序を維持してきた。憲法9条はその象徴である。日米安保は日本の安全保障のためだけではなく、日本の(あり得ない)侵略を抑止することも半ば公然の目的であった(瓶の蓋論)。トランプはこの虚妄を吹き飛ばし現実を顕わにした。周辺国は弱い日本の侵略を狙っている。日本自身に国防意思がなければ米国にも日本を守る意志はない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/10/05 10:05)

    日本で良いのに。^^日本は金の成る国だったのか^^
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/10/05 09:21)

    さっさと属国に戻らなかったからだろ。 三跪九叩頭の礼を尽くして北と共に中国の属国に戻れば一発解決だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事