象牙の不法取引、ミャンマーと中国の間で活発化―米メディア

配信日時:2018年10月6日(土) 17時20分
象牙の不法取引、ミャンマーと中国の間で活発化―米メディア
画像ID  1030535
ミャンマーと中国の間で象牙の不法取引が活発化していることが明らかになった。写真は税関で発見された象牙製品の密輸品など。
米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は3日、ミャンマーと中国の間で象牙の不法取引が活発化していることが、最新の調査報告書から明らかになったと報じた。

その他の写真

ケニアの動物保護団体「セーブ・ジ・エレファント」の調べによると、アジアやアフリカで密猟されたゾウの象牙や象牙を使った製品の多くが中国に密輸されており、その不法取引は急速に増加しているという。

ミャンマーはゾウの飼育で世界最大の国であり、およそ5000頭のゾウがいるとされる。野生ではなく、飼育されているゾウの象牙を取引することは違法ではないが、中国に密輸すれば違法となる。中国は2017年から象牙取引を全面的に禁じているからだ。

しかし、専門家がミャンマー国内8カ所で調査したところ、象牙バイヤーの90%が中国から来ていることが明らかになったという。象牙を使った装飾品などが中国で人気があることが理由とされる。

また、ミャンマーではアフリカ産の象牙の取引も拡大しているという。記事は象牙をめぐる問題は今もなくなっていないと伝えた。(翻訳・編集/岡田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事